どんどんチャレンジできる環境。
それがきっと自分のキャリアアップにつながる!

プロフィール

新卒で入社、現在24歳で1年目。ルックスがイケメンなので外見からは「チャラい」印象を持たれがちだが、実は根はしっかりとした人物。それでいて誰とでもフランクに話せるコミュニケーション能力も兼ね備えている強みは本人も認めるところ。

特技はサッカーで、実業団やプロチームに所属して戦えるレベルである。海外挑戦も視野に入れていたものの、コロナ禍で断念を余儀なくされる。サッカーで鍛えた心身を、今では和上ホールディングスの人事部で発揮する。

経歴

少年時代、学生時代はサッカーに明け暮れた毎日でした。世界一のサッカー指導者を目指していた先輩がいたので、その人を追いかけてタイでプロサッカー選手になることを目指して渡航準備をしていました。しかし、そこにやってきたのがコロナ禍でした。トライアウトを受ける準備までしていたのですが、自分の中でサッカーをやるリミットを大学卒業後1年までと決めていたので、延期することなくそこで断念。この1年は毎日厳しいトレーニングの毎日でしたが、就職の道を選びました。

入社した理由

和上ホールディングスは、コミュニケーションをとても取りやすい会社だと思います。これは対外的な強みだと思いますが、同時に私個人にとっても会社の魅力だと感じます。私が何か発言すると皆が手を止めて話を聞いてくれるのは、一見すると当たり前のように感じるかもしれませんが、どこでも同じようなわけにはいかないでしょう。それだけ自分のこと、自分の意見を会社として大切にしてくれているんだと実感できます。

こんな社風なので、自分の意見を踏まえたうえでどんどんチャレンジできます。サッカーも自分の中では大きなチャレンジでしたが、今では仕事を通じてチャレンジしたいことがたくさんあります。入社してから積極性がついてきているのが自分でも分かるので、そんな自分にさせてくれた会社なんだ、と思っています。

頑張った分だけ評価してもらえるので、私のような若い世代は失敗を恐れずどんどんチャレンジするべきです。それがきっと、自分のキャリアアップにつながると確信しています。

和上ホールディングスでの役割

私の業務は、人事です。総務部の人事課に所属して、「人」に関する仕事を担当しています。「企業は人なり」といいますが、本当にその通りです。和上ホールディングスにとって戦力となれる人、逆にその人にとって和上ホールディングスがキャリアアップ役立つ企業であること、この両方がうまくマッチしたときが人事の成功です。それを目指して日々業務に向き合っているわけですが、やってみるととても奥深いので、そこに面白さも大いに感じています。

新卒の採用活動、中途の採用活動、そして求職者向けの広報活動。求職者に対して和上ホールディングスの良さを伝えていくのも人事の大切な役目です。その結果として活躍できる人材を採用していくことが会社の発展に直結するのですから、毎日勉強になることの連続です。

サッカーチームも、いかにメンバーを揃えるかが結果に直結します。1人だけスーパープレイヤーがいてもダメで、個々の能力とチームワークのバランスが大切です。サッカーで鍛えた「目」もあると思うので、使えるものは何でも使って自分の「ポジション」をしっかりと守っていきたいです。

和上ホールディングスで成し遂げたい事

採用活動は、会社全体の成長や社内の雰囲気など、会社のあらゆる面に関わる活動です。しかも採用する人にとっても人生に大きく関わることだけに、その責任は重大です。

それだけにやりがいは十分なので、どんどんチャレンジして皆の意見を集めたいです。色んな人を巻き込んで会社の良いところ、知ってほしいところをアピールしていきたいですね。人材を輩出する側の各種学校にもコネクションを広げて、和上ホールディングスをもっともっと多くの人に知ってもらうための仕事をしていきたいです。そして自分から積極的に新人にも教育していけるような、そんな「人事マン」を目指しています。

働き手を求ム