太陽光発電「買いたい検索」

状況

電圧区分

電力エリア

発電コスト

太陽光発電「買いたい検索」

土地・有休地のオーナー向け「売りたい査定」

不要な土地・遊休地お売りください!
高価買取!スピード対応!

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
任意ご希望の連絡手段
ご希望の連絡手段(任意)

任意土地面積
土地面積(任意)

任意所在地
所在地(任意)


任意お問い合わせ内容

書籍「脱炭素社会の大本命、自家消費型太陽光発電がやってくる!」

CASE

再生可能エネルギー導入実績

  • 太陽光発電事業 株式会社T様

    店舗自家消費型

    住所埼玉県所沢市
    導入費用27,919,329円
    電気代削減額2,405,783円/年
    システム容量186.3kw
    CO2削減量87.81t/年
    回収年数8.7年
  • 薬局経営 株式会社S様

    店舗自家消費型

    住所神奈川県横須賀市
    導入費用18,330,390円
    電気代削減額2,294,199円/年
    システム容量129.26kw
    CO2削減量58.14t/年
    回収年数7.8年
  • 投資業 株式会社A様

    店舗自家消費型

    住所岐阜県美濃加茂市
    導入費用19,027,820円
    電気代削減額1,573,593円/年
    システム容量131.56kw
    CO2削減量57.13t/年
    回収年数9.0年
  • スポーツ事業 株式会社J様

    運動施設自家消費型

    住所千葉県千葉市
    導入費用-円
    電気代削減額4,029,002円/年
    システム容量219kw
    CO2削減量91.2t/年
    回収年数8.2年
  • 薬局経営 株式会社S様

    店舗自家消費型

    住所神奈川県茅ヶ崎市
    導入費用12,629,540円
    電気代削減額1,658,911円/年
    システム容量69kw
    CO2削減量44.85t/年
    回収年数6.5年
  • 薬局経営 株式会社S様

    店舗自家消費型

    住所埼玉県さいたま市
    導入費用12,786,972円
    電気代削減額1,543,689円/年
    システム容量69kw
    CO2削減量41.71t/年
    回収年数7.0年
  • 金属加工業 株式会社H様

    工場自家消費型

    住所埼玉県児玉郡
    導入費用18,378,406円
    電気代削減額1,820,302円/年
    システム容量146.28kw
    CO2削減量64.00t/年
    回収年数7.6年
  • 施設経営 株式会社J様

    店舗自家消費型

    住所栃木県宇都宮市
    導入費用77,411,987円
    電気代削減額8,954,436円/年
    システム容量657.8kw
    CO2削減量279.34t/年
    回収年数6.7年
  • 食品加工業 株式会社S様

    工場自家消費型

    住所宮城県名取市
    導入費用23,972,968円
    電気代削減額1,905,051円/年
    システム容量176.18kw
    CO2削減量71.80t/年
    回収年数9.4年
  • 製造業 株式会社M様

    工場自家消費型

    住所神奈川県厚木市
    導入費用24,209,986円円
    電気代削減額2,127,545円/年円/年
    システム容量164.68kwkw
    CO2削減量68.09t/年t/年
    回収年数8.8年年
PICKUP

ピックアップ再生可能エネルギー物件

  • 更新日
    所在地広島県府中市
    年間想定発電量414,700kWh
    発電コスト6.03円/kWh
  • 更新日
    所在地徳島県阿波市
    年間想定発電量616,000kWh
    発電コスト7.51円/kWh
  • 更新日
    所在地広島県尾道市
    年間想定発電量93,170kWh
    発電コスト7.51円/kWh
  • 更新日
    所在地兵庫県朝来市
    年間想定発電量187,565kWh
    発電コスト5.47円/kWh
  • 更新日
    所在地京都府京田辺市
    年間想定発電量89,100
    発電コスト7.51円/kWh
  • 更新日
    所在地岡山県笠岡市
    年間想定発電量198,574kWh
    発電コスト6.56円/kWh
  • 更新日
    所在地岡山県吉備中央町
    年間想定発電量79860kWh
    発電コスト7.51円/kwh
MEDIA

各種メディアに掲載されました

ACCESS RANKING

再生可能エネルギー物件アクセスランキング

  • アクセスランキング1位
    更新日
    所在地兵庫県朝来市
    年間想定発電量187,565kWh
    発電コスト5.47円/kWh
  • アクセスランキング2位
    更新日
    所在地岡山県笠岡市
    年間想定発電量198,574kWh
    発電コスト6.56円/kWh
  • アクセスランキング3位
    更新日
    所在地広島県府中市
    年間想定発電量414,700kWh
    発電コスト6.03円/kWh

とくとくファームZEROとは

不動産投資

とくとくファームZEROは、太陽光発電に豊富な実績をもつ株式会社和上ホールディングスが提供する再生可能エネルギー供給サービスです。自社において開発、運営する太陽光発電所で生み出された電力を安定供給することで、電力需要家の皆様にとって「信頼できる電力会社」であることを目指しています。
SDGsやESG投資、RE100など、企業活動が地球環境保全とマッチしていることが求められる時代において、電力の「質」が問われています。特にESG投資では使用する電力が再生可能エネルギーでなければ投資や融資を受けられないため、先行している欧米では再生可能エネルギーとの向き合い方が企業の生き残り戦略に直結しています。

NonFIT電源が必要とされる3つの理由

1.FIT制度を前提にしたビジネスモデルが成立しなくなった

NonFITとは、FIT(固定価格買取制度)に依存しない太陽光発電事業モデルのことです。FITは実質的な補助金のような制度として、太陽光発電の普及初期には大きな役割を果たしました。今と比べて太陽光発電システムの機材が高価だったこともあり、補助金やFITの後押しがあるからこそ太陽光発電を導入できた事例は数えきれず、FITがなければ今の太陽光発電の姿はなかったことでしょう。
しかし、FITには期限があります。家庭用ではすでにFITの期間満了を迎える案件が順次発生しており、「卒FIT」といってFITがない太陽光発電の収益モデルを再構築する必要に迫られています。産業用太陽光発電はFITの期間が長いですが、それもやがて期間が順次満了します。そこから先は「下駄を履かせた価格」では買い取られないため、FITのないビジネスモデルが求められます。
それを実現するのが、NonFITです。NonFITは最初からFITを前提としないことから、FITのように期限を考慮する必要がなく半永久的に持続できるモデルです。安定的電源の確保、脱炭素経営の実現、環境ビジネスの事業化など、NonFIT電源には多くの可能性があります。

2.電気料金の高騰が不可避

電気料金やガス料金などのエネルギー価格が上昇していることは、多くの方がご存じだと思います。この傾向は今後ますます加速すると予測されており、特に企業は電気代高騰への対策が急務です。
家庭用の電位代だけを見ても、わずか1年間で1,300円も上昇しています。しかもこの傾向は産油国であるロシアへの経済制裁やロシアが外交カードに天然ガスを用いていることなども関係して加速しており、原油先物などの国際的な指標も高止まりとなっています。さらに日本の場合は円安の進行によってエネルギーの調達コストが跳ね上がってしまうため、史上空前の電気料金高騰が危惧されます。
電気代の高騰に対する自衛手段として決め手になるのは、輸入に依存しない安定的な電源の確保です。石油や天然ガスに依存すると海外への依存から脱却できませんが、太陽光は地球上に平等に降り注ぎます。もちろん日本にも大量に降り注ぐ太陽光を活用することは、日本を資源大国に押し上げる可能性すらあります。和上ホールディングスはこれまでに蓄積した太陽光発電の豊富な知見をいかし、NonFIT電源の供給を通じて需要家の皆様に低コストな電力を安定供給します。

3.太陽光発電への参入が企業価値を高め、成長戦略となる

企業が太陽光発電に取り組む動機として、CSRの一環で企業イメージを高めるといったものがあります。これは企業と太陽光発電の最初の出会いであり、第一段階といえるでしょう。やがて時代はSDGs(持続可能な開発目標)へと突き進み、ESG投資やエシカル投資といった概念につながりました。地球環境の保全は企業にとって当然の責務であり、この取り組みに消極的な企業には今や投資が集まらない時代となりました。環境事業に取り組まないことが経営リスクとなったのです。
NonFITの太陽光発電は、持続可能なエネルギー供給モデルです。SDGsで謳われている7番「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」、13番「気候変動に具体的な対策を」に合致するもので、もちろんESG投資やエシカル投資の概念も合致します。
化石燃料由来の電力を使用することには、今後炭素税の導入など高コストになることが必至です。折からの電気料金高騰もあってエネルギー調達コストが増大することも経営リスクになるため、持続可能なNonFIT太陽光発電の導入が企業価値を高め、成長戦略となります。

INFORMATION

最新情報

SEARCH

条件から物件を探す

非FITの太陽光発電所、再生可能エネルギー物件の情報を随時追加・更新中。
ご希望に適う物件がない場合は、メルマガにご登録下さい。新規物件情報をいち早くお届けします!

  • とくとくファームでは掲載していないプレミア物件などの情報を多数掲載!メルマガ会員募集!
  • 【無料】個別セミナー開催中!
ページトップへ