プラチナ30への想い 第二回 対象となる方へ

石橋大右

2012.8.26 プラチナ30実行委員会

プラチナ30への想い 第二回 対象となる方へ

不器用でもいい、失敗したっていい。
夢を持ち、目標に向かって突き進んでいける信念―。
「成長したい」
「成功したい」
そんな想いをブレず、妥協せず、冷ますことなく持ち続ける人と一緒に仕事がしたい。
あなたの可能性を大きく伸ばしますと言う会社は、たくさんあります。
和上グループも、同じことを言います。
ただ違うのは、あなたの可能性を伸ばすための具体的な方法、スキームがすでにあることです。

「出世したい」―どうせなら、トップにまで登り詰めてください。
「金持ちになりたい」―頑張った人には、ふさわしい報酬があって当然です。
「尊敬されたい」―やる気を持って取り組む人は、誰でもカッコ良く見えるのです。

どんな自分になりたいのか。
いつまでに、その目標を実現したいのか。
最初はぼんやりした夢でいいんです。
その続きは、私たち和上グループと一緒に、あなたの夢に日付を入れましょう!

一人親方の電気工事屋として創業した和上グループは、創業20年。
まだまだ若い会社です。
そして、和上グループが大きく飛躍する原動力となった太陽光発電への参入から、約10年となりました。まだまだ太陽光発電が本格的に普及する前の、決して注目度が高いとは言えなかった時期に参入を果たしました。

そして、平成19年に社長が交代。
私、石橋になりました。

そこから和上グループは施工会社でありながら販売にも力を入れるようになります。
インターネットビジネスの存在感が大きくなる中、インターネットでの集客スキームという最強の武器を活用することで、急成長が始まります。
年商1800万円だった会社が、わずか4年で年商15億円になったのです。

太陽光発電は、日本だけでなく世界中から注目を集めています。
その理由は簡単で、石油やウランなどの化石燃料に頼ることなくクリーンなエネルギーが手に入るからです。
こんなことは、現在のように注目を集める前から分かっていたことです。
だからこそ、和上グループは世界に先んじる形で太陽光発電に参入をしたのです。
その先見の明が正しかったことは、現在の急成長が証明しています。

和上グループが急成長できた理由は、先見の明だけではありません。
もっと直接的なパワーを発揮したのは、和上グループが持つ最強の武器であるインターネットの集客ノウハウです。
太陽光発電業界は、今も訪問販売という手法が主流です。
熱心な営業活動の末に受注をするという流れになるので、どうしても営業マンのオーバートークや強引な勧誘など、他の業種にも見られるような問題が起きてしまいます。
昨今の太陽光発電に、若干ダーティなイメージが付きまとうようになったのは、こうした強引な営業手法が原因です。

地球環境や資源保護、経済性などを考えても素晴らしいエネルギーであることに疑いはないのに、そんなイメージのせいで設置をためらう人が1人でもいるとしたら、それはとんでもなく大きな損失だと思います。
だからこそ、和上グループは訪問販売をしません。
インターネットで和上グループの全てを公開し、そこに魅力を感じてもらった人がお客様になるという、待ちの商売です。
そんなことをやっていては、他社に負けてしまう…そう考えるのが普通かも知れませんが、そこで勝ち続けているところに、和上グループの「武器」があるのです。

和上ホールディングス 公式YouTubeチャンネル 和上とくとくチャンネル
和上ホールディングス グループ実績サイト
蓄電池専門店とくとくショップ
家庭用太陽光発電・オール電化専門店とくとくショップ
エコキュートの取替・故障専門店とくとくショップ
太陽光発電の投資物件の売買ならとくとくファーム
太陽光発電のメンテナンス・災害復旧ならとくとくサービス
自家消費型太陽光発電
造成工事各種・災害復旧なら実績と経験に裏付けされた和上の土木・造成工事