Reason
選ばれる理由

「環境×〇〇」のバリュー創造企業の責任

地球環境保護と経済、ビジネスは両立できるもの。両立できるからこそ発展し、人類は持続可能な社会・経済システムを手に入れることができると私たちは考えています。

私たち和上ホールディングスは住宅設備の施工会社として創業し、その当時にまだあまり注目されていなかった太陽光発電にいち早く着目、これからのスタンダードになるべき技術であるとして「環境に優しい住宅」「お財布に優しい住宅」を提唱し、それを形にしてきました。やがて国による補助金や固定価格買取制度(FIT)などがスタートし、太陽光発電には強い追い風が吹くことになりました。こうした施策が次世代エネルギーの大本命である太陽光発電の普及に大きな役割を果たしたのは、言うまでもありません。
しかし、これは国の施策による後押しがあったからであり、補助金やFITがなければまだまだメリットの薄いものでした。企業が太陽光発電に取り組むのは「CSRの一環として」「企業イメージを高めるため」といったように、あくまでも広報宣伝活動の一環でした。これでは国による後押しや「意識の高い企業」任せから脱却できないと考え、和上ホールディングスは環境技術と経済的メリットを両立できる「環境×〇〇」の必要性をアナウンスするようになりました。
そのひとつの形が、太陽光発電所への投資モデルでしょう。太陽光発電がビジネスとして独り立ちをして、「儲かるなら太陽光発電を始めよう」と考える企業が続出しました。そうです、環境ビジネスは儲からなければ意味がないのです。
その後、太陽光発電を中心とする環境ビジネスは飛躍的な発展を遂げました。自家消費型モデルや太陽光発電所のセカンダリー市場の確立、さらに農業との両立を図る営農モデルなど、環境ビジネスは今や企業にとって利益が期待できる有望なビジネスモデルなのです。今ここでご紹介した太陽光発電の事業モデルにはすべて和上ホールディングスも参入しており、実績とノウハウを蓄積しています。それはもちろん、これから太陽光発電事業を成功させたいと考える事業者、投資家の皆さんの利益のためでもあります。
「環境」だけが価値を放つ時代は、もう終わりました。これから「環境×〇〇」という付加価値の時代です。私たち和上ホールディングスはこれからも、この「〇〇」に強いこだわりを持って環境ビジネスのトップランナーであり続けたいと考えております。

新しい社会で求められる提案力

SDGs(持続可能な開発目標)やESG、再エネ100宣言Re Actionなど、これからの時代に向けた企業価値の新しい価値観が続々と登場し、それが定着しつつあります。環境と共存して永久に持続可能な社会を作るという地球規模の取り組みが必須になるこれからの時代には、従来の価値観とは異なる提案力が求められます。

SDGsは「Sustainable Development Goals」の略で、ESGは「Environment(環境)」と「Social(社会)」、そして「Governance(ガバナンス)」というこれからの企業活動において重視されるべき3つの価値観を総称したものです。この両者はアプローチこそ異なりますが、最終的に目指しているゴールにそれほど大きな違いはありません。誰もが安心、快適に暮らせる持続可能な社会を作ろうというもので、そのためには当然環境に配慮した企業活動のあり方も含まれています。
では、企業はこれから何をするべきか?お題目はすでに揃っているのですが、そのための具体的な方法論にまで情報が行き届いていない感があります。それはおそらく、まだこれらの分野に精通している発信者が少ないからでしょう。それなら太陽光発電の販売や施工を通じて黎明期から普及に尽力してきた私たち和上ホールディングスにその使命があるのではないかと考え、こうした世界的な取り組みに参加してきました。
SDGsには17の開発目標が策定されていますが、その中でも和上ホールディングスが取り組むべき開発目標は7番の「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」、11番の「住み続けられるまちづくりを」、13番の「気候変動に具体的な対策を」の3つです。さらにこうした開発目標を達成するために必要な17番の「パートナーシップで目標を達成しよう」を形にするためのビジネス展開をしています。
ESGについても、同様です。特にESGが重視しているEnvironment(環境)の目標達成に直接関与できる担い手として、これからやって来る本格的なESG投資の時代(環境に配慮していない企業には投資されない時代)に向けた具体的な取り組みへの提案や施工を通じてお客様の企業価値向上をサポートいたします。
こうした私たちの活動の究極的な形と言えるのが、「再エネ100宣言Re Action」です。これは使用エネルギーのうちで再生可能エネルギーの比率100%を目指すというもので、和上ホールディングス自身がこの目標達成に動くとともに、同様の目標をお持ちのお客様にもそのための具体的な取り組みをご提案しています。
環境に配慮しない企業が生き残れない時代は、もうすぐそこまで来ています。そのための準備は、プロフェッショナル集団である和上ホールディングスにお任せください。

価格も大切な品質です

事業者の皆様、個人の皆様、それぞれにとてもメリットの大きい太陽光発電ですが、新しいものを導入するには「先立つもの」との関わりを避けることはできません。どんなに素晴らしいものであっても、それが導入できる価格でなければ絵に描いた餅です。和上ホールディングスは、「価格」にもこだわります。

太陽光発電の普及とともに、太陽光パネルやパワーコンディショナーといった関連機器の価格もずいぶん安くなりました。当初は生産量が少なかったことからコストをいかに下げるかが課題でしたが、大量生産によるスケールメリットによって価格が下落したことは、普及にも大きく貢献したことと思います。
しかし、それでもなお太陽光発電はポケットマネーで買えるといった代物ではありません。特に事業者向けの大規模な設備になると依然として導入費用がネックになることが少なくありません。
和上ホールディングスはこの「価格」についても太陽光発電の普及当初より強いこだわりを持ち続けてきました。良いものだと分かっていても「高いから」という理由で導入を躊躇するのは、とてももったいないことです。しかも気象変動など地球環境への影響は待ったなしです。今すぐ太陽光発電の普及を進められる直接的な力として、現実味のある価格であること、手が届く価格であることはとても重要なのです。
メーカーからの一括大量仕入れなどの企業努力により最安値レベルの価格を維持し、これまで多くのお客様の「決断」を後押ししてきました。高いからまだ先かなと思っている方はぜひ、和上ホールディングスの価格提案力をご体感ください。

おかげさまで施工実績15,000件

創業以来、和上ホールディングスは多くのお客様から選んでいただき、すでに15,000件もの実績を積み重ねることができました。施工に1つとして同じ事例はないので、15,000例のノウハウを積み重ねることができました。この実績とノウハウを強みとして、これからも最高の提案品質・施工品質を追求いたします。

和上ホールディングスは創業以来、住宅設備の中でも太陽光発電やオール電化の販売および施工で多くの実績を積み重ねてきました。1つとして同じ住宅はなく、それぞれの家にはそこで生活する方々がおられます。それぞれの住宅に最適な設備のあり方、そこで生活をしているご家族が幸せになれる設備のあり方を提案し、施工してきました。これはとても地道な作業ですが、そこから得られたのは「1万を超えるノウハウ」です。
その後、和上ホールディングスは産業用太陽光発電の分野に進出し、工場や事業所、野立てといったさまざまな場所に大規模な発電設備を提案・施工してきました。ここでいかされたのは、それまでに培ってきた豊富なノウハウに裏づけられた提案力や解決力でした。太陽光や気候、そして土地という自然を熟知し、どうすれば無理のない持続的な太陽光発電設備を構築できるかといった作業には気の遠くなるようなノウハウが必要であり、それがいつしか私たちの武器となっていました。
すでに15,000件の施工実績を有していることは、和上ホールディングスにとって大きな誇りであり、武器となりました。しかしこれに甘んじることなく、1つ1つ実績を積み重ねていくことにより、私たち自身も成長していきたいと考えています。

世界に広がる「和上」クオリティ

和上ホールディングスは日本企業であり、日本国内のお客様がほとんどです。しかし、環境問題は地球レベルで考える必要があり、日本だけで優れた考え方や設備が普及してもそれでは足りません。私たちが考える未来を地球規模で広げていくために、「和上」クオリティを世界に発信しています。

地球は1つの大きな星であり、大気や自然も1つにつながっています。日本やEUで厳しい環境基準を策定してもアメリカや中国などが大量に二酸化炭素を排出しているようでは、意味がなくなってしまいます。アメリカや中国で排出された二酸化炭素がそれぞれの国の上空にだけあるわけではありません。
おかげさまで、和上ホールディングスの取り組みは各方面から高い評価をいただいています。その考えをより多くの人や企業に拡大していくべきだという声もいただいています。それなら日本だけでなく、世界にもこの考えや取り組みを発信するべきだと考え、これからの和上ホールディングスには世界への発信力が必要であると考えました。
その端緒として、年間を通じて良質な日照量に恵まれたベトナムにおいて「JWベトナム」を設立、現地企業に向けてエネルギーコスト削減や企業価値の向上という、日本国内で培ったビジネスモデルを現地で普及する活動をおこなっています。これからも和上ホールディングスは世界にも目を向け、自らの考えを自信をもって発信していきたいと考えております。

中小企業と共に脱炭素経営をつくる

和上ホールディングスは「脱炭素経営をつくる」という理念のもとに、常にチャレンジ精神を忘れず、お客様と共にある所存です。日本を支える多くの中小企業様に為にも、前向きな脱炭素経営のバックアップし、これから生まれ変わろうとしている日本の脱炭素社会に貢献します。

世界的な気候変動対策で脱炭素化が加速しています。日本は「2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」という目標を掲げています。世界の主要各国も脱炭素社会に向けた産業転換が始まっています。
いまこそ、日本の中小企業も脱炭素経営に切り替えるタイミングです。弊社は、お客様と一緒にCO2削減、省エネ法等の支援、有利な設備補助金の選定や申請、脱炭素経営の認定取得を支援いたします。
これから、世界で選ばれる企業になるためには脱炭素経営は必須条件となります。また、脱炭素経営に取り組むなかでエネルギー購入費用が大幅に低減し、収益性の高いコスト構造に変革も可能になります。

和上ホールディングス 30周年記念サイト
農地高額買取査定
和上ホールディングス
住宅用太陽光発電の販売設置
住宅用蓄電池の販売設置
給湯器・エコキュートの販売設置
太陽光カーポートの販売設置
太陽光発電所の購入売却
太陽光発電所の購入売却_English
太陽光発電所の購入売却_简体中文
太陽光発電所のメンテナンス
太陽光発電所の部材販売
営農型太陽光発電ソーラーシェアリング
太陽光発電所の造成・土木工事
脱炭素・再生可能エネルギー導入
自家消費型太陽光発電所の導入
まだ間に合う 自家消費型太陽光対象 税制優遇
脱炭素経営コンサルティング
口コミ・評判・実績サイト
和上とくとくチャンネル
弊社代表・石橋大右が自家消費について書籍を出版しました。
和上電気工事養成所
太陽光発電所しっかり査定
太陽光発電所売却相談サポート
低圧・高圧太陽光発電所の買取査定
太陽光発電所のかんたん査定
太陽光発電用用地募集
太陽光発電土地売却スピード査定
太陽光発電投資をおすすめする3つの理由
再生可能エネルギーのメディアとくとくマガジン
太陽光発電所の買取相場の確認サービス
太陽光発電投資の個別セミナー開催!
太陽光発電メンテナンスの防災対策
太陽光発電メンテナンスの災害復旧
電力トレーサビリティシステムecoln
太陽光発電メンテナンス一括見積もりサービス
太陽光発電お試し点検実施中!
太陽光発電量診断
太陽光発電中古・新設物件購入・投資
今から始める太陽光発電投資
企業投資向けサービス『系統用蓄電池』
低圧高圧太陽光発電売却一括査定サイト
住宅用太陽光発電一括見積もりサービス
低圧高圧太陽光発電所のスピード査定
高圧低圧太陽光発電所の高額買取査定
高圧太陽光発電所高額買取査定
経営者・資産家・高年収の皆様へ 節税なら太陽光
年収400万円以上の方向け節税対策
年収800万円以上の方向け節税対策
高圧太陽光発電所高額買取専門店
高圧太陽光発電所売却をおすすめする5つの理由
高圧低圧太陽光発電所買取査定サービス
脱炭素経営個別セミナー開催!
低圧高圧中古太陽光発電所買取販売直売店
高圧太陽光発電所のメンテナンス決定版 発電量増量計画始動
卒FIT 産業用太陽光発電所 買取予約サービス
太陽光発電所 ケーブル盗難対策の小さな秘密兵器
太陽光発電所 点滅発光の人感センサー
太陽光発電所 パワコン リプレイス
太陽光発電所 ドローン点検
太陽光発所メンテナンス オンライン無料相談
太陽光発電所 パワコン リパワリング
ご注意ください 遠隔監視が使えなくなります 3G回線
太陽光発電所 メンテナンス 東北エリア
太陽光発電メンテナンス完全ガイドブック
自家消費(PPA/自己託送)完全ガイドブック
ゼロカーボン総合支援完全ガイドブック
脱炭素経営完全ガイドブック
太陽光 蓄電池 エコキュート 1分でわかるシリーズ発行
売りたい 買いたい 投資したい お役立ち資料シリーズ
動画でわかるシリーズ

お気軽に
ご連絡ください。

フリーダイヤル0120-054-405
受付時間 平日 9:00〜18:00