太陽光投資3つのメリット

太陽光投資で得られる将来設計

       

CASE

収支実績

kojima

物件名:串良町有里発電所  

購入価格(税別):9,590,909円

売電単価:14円

電圧区分:低圧

表面利回り:10%

手残り(税込):10,366,134円

詳細はこちら
kuwana

物件名:桑名発電所  

購入価格(税別):17,272,727円

売電単価:24円

電圧区分:低圧

表面利回り:12.5%

手残り(税込):12,833,346円

詳細はこちら

なぜ今太陽光発電投資なのか?

株、投資信託、FXなど、投資商品はいろいろあります。
投資商品はハイリスク・ハイリターンがありますので、安定性が無くリスクを背負う方が高くなります。

太陽光投資不動産投資株式投資FX投資投資信託
初期費用数百万円〜数百万円〜数万円〜数千円〜数百円〜
安定性とても良い良い良くない悪いとても良い
利益率良いとても良いとても良いとても良い悪い
運用コストとても良い良くない良い良くないとても良い
融資の有無良い良い悪い悪い悪い

※とくとくファームのファイナンスサポートで0円から投資可能。

不動産投資

不動産投資との比較

不動産投資の特徴

  • 融資を活用することで多くの投資金額を回すことができる。
  • 投資の方法によっては、利益率を高めることができる
  • 衣食住の一つである為、需要の消失は無い

太陽光投資の場合

  • これからの日本の問題である人口減少や過疎化等の影響がなく、時代の変化に強い
  • 投資戦略や方法の関わらず安定的な収益が期待できる
  • 不動産にある「空室リスク」のようなものがそもそも無い(電力会社が買い取る為)

株式投資

株式投資との比較

株式投資の特徴

  • 少額からの投資が可能
  • 短期的な運用益が見込める場合もある
  • 売買のタイミングが任意であるため、リスクに対し自主的な動きがとれる

太陽光投資の場合

  • 比較的、知識・情報の蓄積・アップデートが必要ない
  • 固定買取期間中は、利益率が市場の影響を受けない
  • 安全資産とも言われる通り、堅実性が高い

FX投資

FX投資との比較

FX投資の特徴

  • 売買が常時可能。
  • リスクが高い分、ハイリターンを狙うことが出来る。

太陽光投資の場合

  • 投資の度に大きな損得が発生するようなことが無い。
  • 融資を受けることが出来るため、現資産以上の投資効率を狙うことができる
  • こまめなチェックが必要ない(ギャンブル性が低く安全度が高い)

投資信託

投資信託との比較

投資信託の特徴

  • 数百円という少額から投資ができるので、投資をスタートしやすい。
  • リスクが低く、比較的安全性が高い。
  • 専門家に運用をまるごと任せることが出来る。

太陽光投資の場合

  • 利益率が圧倒的に高く、平均10%前後の実績で回っている
  • 株式市場との連動性がなく、現在は、収益は安定している投資。

太陽光投資のデメリットは?

可能性としては考えにくいですが「出力抑制」や「20年という長期に渡る投資であることの不安」が無いとは言えません。また自然災害や天候の問題はついてまわるものです。
デメリットを十分に理解すると同時に、それを見越したシミュレーションや保険加入等で、デメリットを最小限にしていくサポートを提案いたします。

太陽光投資

PICKUP SOLAR FARM

購入ピップアップ中古産業用太陽光発電所・メガソーラー

  • 更新日
    所在地兵庫県洲本市千草
    システム容量89.7kW
    売電価格24円
  • 更新日
    所在地宮崎県児湯郡都農町
    システム容量99kW
    売電価格18円
  • 更新日
    所在地栃木県那須郡那須町
    システム容量55.08kW
    売電価格36円
  • 更新日
    所在地栃木県真岡市程島
    システム容量70.2kW
    売電価格24円
  • 商談中
    更新日
    所在地宮崎県都城市高城町
    システム容量93.6kW
    売電価格14円
  • 商談中
    NO IMAGE
    更新日
    所在地長野県上田市
    システム容量40
    売電価格27円
  • NO IMAGE
    更新日
    所在地長野県上田市小泉
    システム容量26.5
    売電価格24円
  • 更新日
    所在地福岡県小郡市稲吉字西川
    システム容量82.6
    売電価格24円
  • 販売終了
    NO IMAGE
    更新日
    所在地群馬県富岡市妙義町
    システム容量31.8
    売電価格36円
  • 販売終了
    NO IMAGE
    更新日
    所在地長野県岡谷市川岸上
    システム容量34.9
    売電価格14円

とくとくファームが選ばれる理由

Q&A

よくある質問

太陽光パネルの寿命は?買ってすぐに寿命を迎えるということはないのでしょうか?
太陽光パネルは可動部分がないことから寿命が長く、一般的に20~30年といわれており、メーカーでも10年という長期保証を行っているところが多い状態です。しかし、太陽光パネルは野外に設置するものですから、飛来物などによって破損する場合もあります。また経年劣化による発電量の減少もあります。太陽光パネルを長持ちさせるためには定期的な点検やメンテナンスが重要といわれています。
購入した発電所のメンテナンスはどの程度必要ですか?
電気事業法施行規則では発電量が50kW以上の太陽電池発電所では年に2回以上の点検が義務付けられていますが、発電量50kW未満の太陽光発電所には点検は義務付けられていません。しかし、2017年4月に施行された改正FIT法によって発電量50kW未満の太陽光発電所にも保守点検が義務化されています。しかし改正FIT法では年に何回メンテナンスを行わなくてはならないという決まりはなく、大体、年1回以上は点検が行われることが多いようです。
発電所を購入すると節税になると聞きました。どんな節税が可能ですか?
太陽光発電所の購入によってできる節税対策はいくつかありますが、一番は所得税の節税です。所得税は利益から経費を除いた所得に課せられる税金です。太陽光発電所の購入は経費として計上ができるため、その分所得が小さくなって課税額が小さくなります。また、太陽光発電は事業に必要な設備投資として特別償却という税金面で優遇措置を受けることができます。稼働済の太陽光発電所を購入した場合は税金面での優遇措置を受けられないため、減価償却で節税対策をします。
優遇制度を使って購入時に一括償却した場合、節税効果が薄れるので売却価格が安くなりますか?
グリーン投資減税や生産性向上設備投資促進税制といった税制の優遇制度を利用して購入した発電所を転売するとき、優遇制度を利用したからといってペナルティを受けたり、そのため売却価格が安くなってしまうということはありませんが、購入年度に生じた税制優遇が取り消されることがあるため注意が必要です。また早く減価償却が完了する特別償却は売却利益が大きくなるため、その分税金も大きくなります。
太陽光発電所を相続することになりました。この際に必要なことを教えてください。
太陽光発電所のような不動産についても課税対象になるため相続税への対策が必要です。太陽光発電所の場合、購入時の価格から相続するまでの減価償却費を控除した価格が評価額となります。なお、融資を利用して発電所を購入して残債がある場合は、その債務も相続することになります。この場合、評価額から債務控除が差し引かれるため、相続税が小さくなります。
太陽光発電のセカンダリー市場とは何ですか?
稼働開始後の太陽光発電所の売電権利の譲渡、売却、購入を行う市場のことです。太陽光発電所の新規建設には大きな費用がかかり、土地探しなどにも時間がかかります。また近年の売電価格の下落もあって、新規建設より費用を抑えることができる、購入後すぐに稼働することができ、過去の発電実績から収支が予想しやすいといったメリットのある稼働後の発電所が注目されるようになっています。
売りに出されている発電所の状況について、ネガティヴな情報の知ったうえで検討したいです。
とくとくファームでは、売りに出されている発電所について、マーケティング部による電力会社に事前相談、そして位置図、公図、謄本、地積図といった土地情報を提供いただいており、現地にて日照条件や造成確認、進入路や排水路など現況確認を行っています。とくとくファームでは物件に対するご相談で、騒音や反射、排水、景観などのクレームがあれば、それも含めて情報を提供していますのでお気軽にお問合せください。
他社と比較検討をしたいと思っています。問題ありませんか?
とくとくファーム以外の業者にも査定を依頼していただいても問題はありません。太陽光発電所の売却については複数の業者から見積もりを取り、比較検討した上で金額だけでなく実績がある業者を選ぶことが大事といわれています。とくとくファームでは6000件以上の商談実績があり、発電所の売却について様々な相談にお答えしています。不明な点があればまずはお電話にてお気軽にお問合せください。
購入を検討している物件について、現地を見せてもらうことはできますか?
とくとくファームでは物件についてお問い合わせをいただいた後、物件の詳細をご紹介し、その上で現地案内をした上で商談を行っています。物件については専門のスタッフが現地視察を行って日照条件・造成確認・進入路・排水路・境界・電柱位置等を確認しており、また発電所のオーナーから位置図や公図、謄本、地積図等の情報を提供いただいているため、それらの情報を検討いただいた上で現地視察をしていただけます。

物件を探したい方

  • 買いたい検索 物件を条件付きで探せる
  • メルマガ登録 非公開の物件をご紹介

太陽光投資を学びたい方

  • 個別セミナー 初心者から経験者まで個別にご相談
  • 初めての太陽光発電[PDF] 太陽光発電投資の初め方がすぐ分かる

電話・メールでのご相談

ページトップへ