人間の代わりに会話、文章作成ができる?ChatGPTの実力やいかに

石橋大右

2023.3.31 石橋の考え

人間の代わりに会話、文章作成ができる?ChatGPTの実力やいかに

こんにちは、石橋です。
今回は環境問題やエネルギー問題ではなく、ちょっと毛色の違う話題です。
最近話題になっている、ChatGPTです。

ChatGPTについて、名前くらいは聞いたことがあるという方は多いと思います。
テレビや新聞などの大手マスコミで大々的に取り上げられていますし、ネット上にもChatGPTに関連するさまざまな立場、論旨の情報があります。
AI(人工知能)が進化することにより、今後人間のさまざまな職業が奪われるのではないかとの指摘があります。単純な作業や反復的な作業は自動化される可能性が高く、すでにAIやRPAといった技術に取って代われている分野はたくさんあります。
しかし、AIが進歩しても文章を作成したりといったクリエイティブな作業はまだまだ人間を超えることができないと言われてきましたが、そんなところに登場したのがChatGPTです。
なんと、このChatGPTは人間と会話ができたり、文章を作成できたりするというではありませんか。果たしてそれは本当なのか、どの程度の実力を持っているのか、詳しい人の意見も借りつつ検証してみることにしました。

ChatGPTは簡単な利用登録をするだけで、誰でも無料で使うことができます。早速アカウントを作って、試してみました。
会話形式で使用するので、「太陽光発電の未来はどうなる?」と聞いてみました。その答えは、以下のとおりです。

太陽光発電は、再生可能エネルギー源として、世界中で急速に普及しています。技術の進歩や政策的な支援により、太陽光発電のコストが大幅に削減され、安価で持続可能なエネルギー源としての地位を確立しました。

太陽光発電は、今後も世界中での普及が予想されています。特に、気候変動対策を目的とした政策や、エネルギー需要の増加に伴う新たなエネルギー源の必要性が高まっていることから、太陽光発電はますます需要が高まることが予測されています。

また、太陽光発電の技術的な進歩も期待されており、より効率的な太陽光発電セルや、太陽光発電システムのより高度な制御技術などが開発されています。これらの技術の進歩により、太陽光発電のコストがさらに削減され、より多くの場所で採用されるようになると考えられています。

総じて、太陽光発電の未来は明るく、さらなる発展が期待されます。しかし、エネルギーの分野は常に変化しており、新しい技術や需要の変化に対応して、太陽光発電の技術も進化し続ける必要があります。

おおむね正解ですね。目新しいことを言っているわけではありませんが、間違ったことを言っているわけでもありません。
次に、再生可能エネルギーについても同じように聞いてみました。

再生可能エネルギーの未来は、現在の世界のエネルギー構造に大きな変化をもたらすと予想されています。気候変動に対する国際的な取り組みや、化石燃料の枯渇に対する懸念などから、再生可能エネルギーの需要が急速に増加しています。

再生可能エネルギーの種類としては、太陽光発電や風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電などがあります。これらのエネルギー源は、環境への負荷が少なく、化石燃料に比べてコストが低くなる可能性があります。また、エネルギー自給率を高めることができるため、国や地域のエネルギーセキュリティを強化することができます。

現在の再生可能エネルギー技術は、さらなる発展が期待されています。太陽光発電や風力発電などの技術は、効率が向上し、コストが低下するとともに、より多様な地域や環境での利用が可能になっています。また、エネルギーの貯蔵技術や、スマートグリッドなどのエネルギー管理技術の進歩により、再生可能エネルギーの普及が促進されることが期待されています。

ただし、再生可能エネルギーの普及には、政策的な支援や技術的な課題の克服が必要です。政府や企業、市民社会などが協力して、再生可能エネルギーの普及を加速することが重要です。

いかがでしょうか。こちらもおおむね正解ですね。ただし、人間が書くような新しいトピックはないように思えます。すでに知っていることを改めてまとめている、という印象でしょうか。
ある程度正解が決まっていることを聞くのは、間違っていないようです。ネット上にはChatGPTに敢えて難しいこと、解釈の分かれることを聞いて困らせているような動画や記事が散見されますが、確かにそういった情報を見ているとChatGPTの回答が間違っていることもあります。
ChatGPTの監修をしてくれた人によると、関ヶ原の戦いで「東軍の敗北理由」を間違って聞いてしまったところ、東軍が負けた前提で敗因を述べてきたそうです。史実では東軍は勝っているので、正しい答えは「勝ったのは東軍ですよ」とならなければなりません。
このようにChatGPTは人間の問いかけ方によって間違った答えを返してくることがあります。そのあたりはまだまだといったところでしょうか。
とはいえ、ChatGPTが見せてくれているのは、私たちがまだ知らなかった世界です。本職のライターに言わせるとChatGPTはネット上の情報を参照して文章を作成しているので、ネット上の記事にない情報や切り口を開拓する力はないでそうです。このあたりはプロと素人の差のようなものかもしれず、本職のライター曰く「量で勝負しているライターは仕事を奪われるかもしれない」とのことでした。
やはり、文章の世界でも単純作業や反復的な作業がAIに取って代わっていくということなのでしょう。そのあたりのAIの本質はそれほど大きく変わってはいないようです。

和上ホールディングス 30周年記念サイト
農地高額買取査定
和上ホールディングス
住宅用太陽光発電の販売設置
住宅用蓄電池の販売設置
給湯器・エコキュートの販売設置
太陽光カーポートの販売設置
太陽光発電所の購入売却
太陽光発電所の購入売却_English
太陽光発電所の購入売却_简体中文
太陽光発電所のメンテナンス
太陽光発電所の部材販売
営農型太陽光発電ソーラーシェアリング
太陽光発電所の造成・土木工事
脱炭素・再生可能エネルギー導入
自家消費型太陽光発電所の導入
まだ間に合う 自家消費型太陽光対象 税制優遇
脱炭素経営コンサルティング
口コミ・評判・実績サイト
和上とくとくチャンネル
弊社代表・石橋大右が自家消費について書籍を出版しました。
和上電気工事養成所
太陽光発電所しっかり査定
太陽光発電所売却相談サポート
低圧・高圧太陽光発電所の買取査定
太陽光発電所のかんたん査定
太陽光発電用用地募集
太陽光発電土地売却スピード査定
太陽光発電投資をおすすめする3つの理由
再生可能エネルギーのメディアとくとくマガジン
太陽光発電所の買取相場の確認サービス
太陽光発電投資の個別セミナー開催!
太陽光発電メンテナンスの防災対策
太陽光発電メンテナンスの災害復旧
電力トレーサビリティシステムecoln
太陽光発電メンテナンス一括見積もりサービス
太陽光発電お試し点検実施中!
太陽光発電量診断
太陽光発電中古・新設物件購入・投資
今から始める太陽光発電投資
企業投資向けサービス『系統用蓄電池』
低圧高圧太陽光発電売却一括査定サイト
住宅用太陽光発電一括見積もりサービス
低圧高圧太陽光発電所のスピード査定
高圧低圧太陽光発電所の高額買取査定
高圧太陽光発電所高額買取査定
経営者・資産家・高年収の皆様へ 節税なら太陽光
年収400万円以上の方向け節税対策
年収800万円以上の方向け節税対策
高圧太陽光発電所高額買取専門店
高圧太陽光発電所売却をおすすめする5つの理由
高圧低圧太陽光発電所買取査定サービス
脱炭素経営個別セミナー開催!
低圧高圧中古太陽光発電所買取販売直売店
高圧太陽光発電所のメンテナンス決定版 発電量増量計画始動
卒FIT 産業用太陽光発電所 買取予約サービス
太陽光発電所 ケーブル盗難対策の小さな秘密兵器
太陽光発電所 点滅発光の人感センサー
太陽光発電所 パワコン リプレイス
太陽光発電所 ドローン点検
太陽光発所メンテナンス オンライン無料相談
太陽光発電所 パワコン リパワリング
ご注意ください 遠隔監視が使えなくなります 3G回線
太陽光発電所 メンテナンス 東北エリア
太陽光発電メンテナンス完全ガイドブック
自家消費(PPA/自己託送)完全ガイドブック
ゼロカーボン総合支援完全ガイドブック
脱炭素経営完全ガイドブック
太陽光 蓄電池 エコキュート 1分でわかるシリーズ発行
売りたい 買いたい 投資したい お役立ち資料シリーズ