他人事ではないヨーロッパの「冬危機」から学ぶこと

石橋大右

2022.10.30 エネルギー問題

他人事ではないヨーロッパの「冬危機」から学ぶこと

こんにちは、石橋です。
秋になったかと思ったら急に冬めいてきました。いよいよ服装や空調などが冬支度を始める時期になってきました。

冬支度というと、ヨーロッパの冬支度が大変な危機を迎えています。
ロシアによるウクライナ侵攻は西側諸国とロシアとの決定的な溝を作り、とても強い経済制裁が発動されています。その結果、これまで依存してきたロシアの天然ガスが入ってこなくなり、ヨーロッパのエネルギー戦略は大きな修正を迫られています。
私たち日本人はあまり実感できませんが、ヨーロッパの冬は日本人の想像を絶する寒さです。かくいう私もよく知っているわけではないのですが(笑)
やはり日本はアジアの温暖な気候の国なので、冬になってもヨーロッパほどの地獄にはなりません。北海道の内陸部でとんでもない雪が降ったりすることがありますが、あれがヨーロッパの冬に近いイメージなんだそうです。そう考えると、すごいですね。

それだけ厳しい冬が毎年やってくるヨーロッパにとって、暖房のためのエネルギー確保は命に関わる問題です。十分なエネルギーがないと、暖房ができないばかりに家のなかで凍死するといったことが頻発しかねません。
ロシアの天然ガスに依存してきた国のなかには、それが現実になろうとしているところがあります。最も深刻なのは、ドイツです。ドイツはロシアから直接パイプラインで天然ガスを輸入していましたが、今回の戦争で発動した経済制裁に反発してロシアは何だかんだと理由をつけて「ノルドストリーム」というパイプラインへの天然ガス供給を止めました。ソ連が崩壊した時にも天然ガス供給が止まることはなかったので、いかに今回のロシアがやっていることが異常であるかが分かります。

そこでEUは、「原発もクリーンエネルギー」と言い出しました。おそらくドイツをはじめとする国々のエネルギー問題を汲んでのことでしょう。それまで脱炭素に関連する国際会議で日本がまだ石炭火力を使用するといったことに対して猛バッシングをしていた国が、です。どの口が言っているのかと笑いたくなりますが、これが国際政治です。
ドイツはさらに、石炭火力発電所まで稼働を強めると言っているのですから、よほど冬に向けてビビっているのでしょう。ここにもヨーロッパ特有の冬への警戒心を感じることができます。
再生可能エネルギーに本格シフトをして、脱原発も達成。そんなドイツが今や、原発の稼働を強めて石炭火力まで活用するといっているのですから、それまで言っていた彼らの「脱炭素」も怪しいものだと感じざるを得ません。単に自国が有利になるために高らかに言っていただけなのか?というわけです。

ヨーロッパに対するツッコミはこれくらいにして、日本のエネルギーについて考えたいと思います。こうした問題は、日本に振りかかってくる可能性は大いにあるからです。いえ、すでに原油高騰やロシアによる「サハリン2」への嫌がらせなどで問題は現実になっています。さらに懸念されている台湾有事が現実になれば、エネルギー問題はさらに深刻化するでしょう。なぜなら、日本に輸入されてくる原油や天然ガスなどのエネルギーは大半が南シナ海や台湾の近くを通ってタンカーで運ばれてくるからです。中国が海上封鎖を行ったら、日本もたちまちエネルギー危機です。これはとてもリアルなリスクですが、どうもこうした問題への危機感が政治的にも社会的にも低いように感じます。

では、どうするか?
ここで私はやはり、再生可能エネルギーを含めたエネルギーの最適な棲み分けを進めるべきだと思います。太陽光発電を手がける企業の代表者ではありますが、私は太陽光発電の限界も知っています。使用電力の全部を再生可能エネルギーに代替することは不可能で、仮にそれができたとしても天候にエネルギー供給が左右されるような不安定さを抱えることになってしまうでしょう。
だからこそ、原子力や火力などの既存電源も必要なのです。特に原子力については日本に世界有数の技術があり、世界有数の発電所があります。これを安全に利用し、さらに太陽光発電や風力発電などのバックアップ電源として火力の電源を確保することも重要です。これもあまり知られていませんが、日本の火力発電所はエネルギー効率が世界トップクラスで、海外のポンコツ発電所と比べるとはるかに省エネで高出力、そしてCO2排出量も少ないのです。
日本人はもっとこうしたエネルギー問題の現実を知り、日本にとって最適な電力供給のあり方を議論するべき時期が来ていると思います。いえ、その時期はもうとっくに来ているので今すぐにでも行動に移すべきだと思うのです。

和上ホールディングス 30周年記念サイト
農地高額買取査定
和上ホールディングス
住宅用太陽光発電の販売設置
住宅用蓄電池の販売設置
給湯器・エコキュートの販売設置
太陽光カーポートの販売設置
太陽光発電所の購入売却
太陽光発電所の購入売却_English
太陽光発電所の購入売却_简体中文
太陽光発電所のメンテナンス
太陽光発電所の部材販売
営農型太陽光発電ソーラーシェアリング
太陽光発電所の造成・土木工事
脱炭素・再生可能エネルギー導入
自家消費型太陽光発電所の導入
脱炭素経営コンサルティング
口コミ・評判・実績サイト
和上とくとくチャンネル
弊社代表・石橋大右が自家消費について書籍を出版しました。
和上電気工事養成所
太陽光発電所しっかり査定
太陽光発電所売却相談サポート
低圧・高圧太陽光発電所の買取査定
太陽光発電所のかんたん査定
太陽光発電用用地募集
太陽光発電土地売却スピード査定
太陽光発電投資をおすすめする3つの理由
再生可能エネルギーのメディアとくとくマガジン
太陽光発電所の買取相場の確認サービス
太陽光発電投資の個別セミナー開催!
太陽光発電メンテナンスの防災対策
太陽光発電メンテナンスの災害復旧
電力トレーサビリティシステムecoln
太陽光発電メンテナンス一括見積もりサービス
太陽光発電お試し点検実施中!
太陽光発電量診断
太陽光発電中古・新設物件購入・投資
今から始める太陽光発電投資
企業投資向けサービス『系統用蓄電池』
低圧高圧太陽光発電売却一括査定サイト
住宅用太陽光発電一括見積もりサービス
低圧高圧太陽光発電所のスピード査定
高圧低圧太陽光発電所の高額買取査定
高圧太陽光発電所高額買取査定
経営者・資産家・高年収の皆様へ 節税なら太陽光
年収400万円以上の方向け節税対策
年収800万円以上の方向け節税対策
高圧太陽光発電所高額買取専門店
高圧太陽光発電所売却をおすすめする5つの理由
脱炭素経営個別セミナー開催!
低圧高圧中古太陽光発所買取販売直売店
高圧太陽光発所のメンテナンス決定版 発電量増量計画始動
太陽光発所 ケーブル盗難対策の小さな秘密兵器
太陽光発所 パワコン リプレイス
太陽光発所 ドローン点検
太陽光発所メンテナンス オンライン無料相談
太陽光発所 パワコン リパワリング
太陽光発電メンテナンス完全ガイドブック
自家消費(PPA/自己託送)完全ガイドブック
ゼロカーボン総合支援