なぜ、太陽光発電投資なのか

他の投資商品との違い

土地活用の切り札

100%利益を生みだす産業用太陽光発電のご案内

太陽光発電のFIT制度(全量買取)による採算見通し(一定レベルの収入・安定した収入で事業の採算見通しがたてやすい)太陽光で発電した分を電力会社に売るので、市況によらず、国が決めた通常の電気料金より割高な固定価格で電力会社が買取ります。

投資は、投資対象にって「金融投資」と「物的投資」の2つに大きく分けられます。

太陽光投資 不動産投資
土地や立地 配電線から距離など、条件がある 空室リスクを考慮すると、市街地など地代の高い場所が対象となる
建設や施工 初期費用は高いが、近年は低価格化が進む さまざまな工夫によって費用対効果を高めなくてはならない
維持や保守 メンテナンス費は安価だが、周辺機器については買い替えが必要 定期的に補修が必要なため、追加投資が必要となる
資金の調達 設備に担保価値がないだけでなく、土地の担保価値も低い場合が多い 土地や建物を担保にして借入ができる

不動産投資との比較ポイント

不動産投資とは、いわば「大家」になること。入居者を確保すれば安定利益が得られるため、サラリーマン大家として活動する兼業投資家も多くいます。

  • 融資を利用して多額の投資額を運用できる
  • 太陽光発電の利益率は、契約までだけでなく、設置後のメンテナンスや税金対策など、投資家の工夫・戦略によって利益率を高めることができる
  • 「住居」を提供するため需要がなくなることはない

まず第一に挙げられるメリットは、金融機関から借入を行えることです。
これは現状、不動産投資と太陽光投資のみに与えられた特権。「堅実な事業」であると銀行に認められているからこそ、多額の融資が下りるのです。
また、設備交換やリフォームにより「入居者にとって魅力的な住居」を用意できれば、賃料設定が高くても周辺物件との競争を勝ち抜けます。そのため、太陽光発電の利益率はマーケットに依存しておらず、投資家の努力次第で改善できることが特徴です。
ただし、以下のようなポイントは、不動産投資より太陽光投資が勝っています。

  • 人口減少や地域の過疎化が収益性に影響しない
  • 投資家の努力にかかわらず安定利益が期待できる
  • 取引相手が電力会社であるため、空室の心配がない

不動産投資は入居者がいなければ利益はゼロ、そのうえ昨今では人口減少や過疎化が深刻視されています。これまでより入居者探しは一層厳しくなり、新規参入者が初めから安定利益を獲得するのは難しいでしょう。
一方で、電力会社に電気を売却して利益を得るため、賃貸需要や空室リスクを心配する必要がありません。利益獲得までの再現性は高く、投資初心者であっても健全な運用が可能です。

投資信託との比較ポイント

ファンドマネージャーと呼ばれる「株式・債券運用の専門家」に投資資金を預けて、投資を代行してもらう金融商品が投資信託です。購入以降は全ての判断をファンドマネージャーに一任するため、ほとんど手間をかけずに資産拡大を目指せます。

  • わずか数百円から投資可能
  • 価格変動が緩やかで低リスク
  • 専門家に分析・売買を任せられる

初期費用やリスクレベルを見れば、数ある投資手段のなかでトップクラスの水準。堅実な資産運用を目的とする初心者にとって、有力候補の1つに挙げられます。
ただし、低リスクかつ手軽である反面、利益率は平均すると年間1~5%前後とわずか。資産形成におけるメインの投資先としては、やや頼りない印象があります。
これらの特徴を持つ投資信託と比較したとき、太陽光投資におけるメリットはつぎのようなものです。

  • 太陽光発電は、利益率が平均10%前後と高い
  • 株式市場に連動しておらず収益性が安定的

手軽さこそ投資信託に劣るものの、一度投資を始めれば利益率は太陽光投資の方が優れています。また、投資信託はどうしても株式市場に影響されるため、全面株安の局面で利益をあげることはできません。
一方で、太陽光投資は景気にかかわらず、天候さえ良ければ毎日利益を生みだし続けます。

FXとの比較ポイント

近年、認知度を高めているFXは、国内外の通貨をトレードして「為替レートの差額」を得る投資手段です。レバレッジという仕組みを利用して、自己資金を25倍にしつつ運用できる投資効率の良さが支持を集めています。

  • 24時間いつでも売買できる
  • ハイレバレッジ投資でハイリターンが狙える

レバレッジの存在により、今回ご紹介したなかでは最もハイリスクな投資に分類されます。
投資効率が25倍になるということは、損失も25倍になるということ。レバレッジ投資を活用すれば一度のミスが命取りになるため、これから投資を始める初心者にはおすすめできません。

  • 一度に大損することがない
  • 投資効率を融資によって高められる
  • こまめにチェックしなくても安心して運用できる

上記の太陽光投資が持つメリットを考慮すれば、FXがいかにリスキーであるかは一目瞭然。24時間トレードできることはメリットに思えますが、ずっと売買に意識を拘束される危険をはらんでいるのです。

太陽光発電投資で考えられるリスクとは

太陽光発電投資といえど、ノーリスクとは言えません考えられるリスクはいくつかありますのであげていきます。
「天候不順などで発電量」「機器の故障」「メンテナンス費用の想定以上の発生」「出力抑制を受ける可能性」「買取価格の下落」等です。

天候不順や出力抑制の可能性、買い取り価格の下落は、想定しておかないといけないリスクです。
しかし、メンテナンス費用は、和上ホールディングスグループのように、メンテナンスを自社で行っている経験が豊富にありますので「想定外」ということはありません。
前述のとおり、他投資と比較し本当に多くのメリットがありますので、ぜひ積極的にご検討ください。

太陽光発電投資、メガソーラーなどは安全資産です

安全資産とは、あらかじめ将来の収益が決まっている無リスク資産や、収益率に大きな変動がない安定した資産のことです。銀行預金や国債などの債権、金等がこれに該当します。同時に利回りが非常に低い事が特徴です。

これに対し、リスク資産とは、値動きが激しい為、、収益の期待と損失の可能性、両面があります。将来の収益の予想が困難であったり、投資した元本を割る恐れがある資産のことをいいます。FXや株式や不動産などの投資商品がこれにあたります。
太陽光発電投資は、リスクが非常に低く、同時に高い利回りが期待できる、非常にレアな安全資産と言えます。

まとめ

太陽光発電事業は太陽が有る限り発電するので安定した売電収入が入ります。
他の投資になると、ハイリスク・ハイリターンがありますので安定性が無くリスクを背負う方が高くなりますが、太陽光事業は以下のような内容が大きなポイントになります。

  • 高度な勉強・情報収集を必要としない
  • 固定買取期間中は利益率がマーケットに左右されない
  • ギャンブル化する可能性のない堅実なビジネスである

さらに
2020年度のコロナウイルス蔓延でも太陽光事業は安定しております。
又、国も2050年までに再生可能エネルギーを80%の引き上げを目標に動きますので
収入面だけで無く環境保全にも活躍いたします。

投資が初めてという「投資初心者の方」へ

投資が初めてという方にとっても、太陽光発電はリスクが低く、手堅い上に利益が十分に狙えるものであることは、ご理解頂けたと思います。
次に重要なことは、業者(パートナー)選びです。太陽光発電所やメガソーラーの購入は、業者を介して行うことが一般的です。その際に、最も大切なことの一つは、信頼できる業者を選ぶこと。物件情報を単に収集するだけなら、ポータルサイトや一括見積りサイト等のご利用が良いかもしません。
しかし、様々な個別の事情に合わせて「最適な物件の選び方から学びたい」という方には、私共「とくとくファーム」にご相談ください。個別の無料オンラインセミナーも開催しております。太陽光発電事業28年である当社の専門アドバイザーがご質問にお答えいたします。

閉じる

ページトップへ