違和感だらけのEVシフト、EVが次世代の主役になれるか疑わしい理由

石橋大右

2024.1.29 環境問題石橋の考え

違和感だらけのEVシフト、EVが次世代の主役になれるか疑わしい理由

こんにちは、石橋です。
今回は、やたら話題のEV(電気自動車)についての私見を述べたいと思います。

世界的にEVのシェアがどんどん高まって、日本は出遅れている。世界最大のEV大国である中国が今後世界の自動車市場を席巻する・・・なんて話を見聞きしたことはないでしょうか?
実際にEVのシェアが徐々に高まっているのは確かなのですが、こうした一連の報道や論調に違和感しかないのが、私の意見です。EVは走行中に二酸化炭素を排出しないクリーンなクルマといわれています。再エネ企業の代表者なのに、環境優等生のEVに懐疑的なのは、おかしいのでは?と指摘されるかもしれません。しかし私は、そもそもEVが環境優等生ではないと思っていますし、むしろ環境破壊を深刻化させるのではないかとすら思っています。
それでは、その根拠を語っていきましょう。

まず、EVは電気で走りますが、発電をするには石炭やLNG、原子力などが必要です。太陽光発電で生み出した電気でEVが走る未来がやってきたら、それは理想です。しかし、今の太陽光発電にそこまでの能力はありませんし、それを太陽光発電だけでやろうとすると膨大なメガソーラーが必要になり、それこそ広大な山林を切り開く必要があります。EVのために自然破壊をしていいはずはありません。
そうなると原子力が有望になるわけですが、日本では原子力発電所の再稼働が思うように進んでいません。EUはすでに原子力はクリーンエネルギーと定義していますが、感情論や原発反対を唱えると儲かる人たちにとっては都合が悪いので、日本ではあまり知られていない事実です。原発からの安定的かつ豊富な電力供給がなければ、日本でEVを満足に走らせることは困難です。石炭火力やLNG火力を使えばできることかもしれませんが、それも二酸化炭素を発生させます。

次に私が問題視しているのは、今どんどん排出されているEVの廃車による環境破壊です。EVには大きなバッテリーが搭載されており、これを安全に処分するにはコストがかかります。世界最大のEV大国である中国ではすでにこの問題が起きており、処理にコストがかかることを嫌った業者が大量のEVを野ざらしにしているとの報道もありました。この放置されたEVから漏れ出てくる環境汚染物質が、やがて中国の大地を汚していくことでしょう。他国に「汚染水」などと言いがかりをつけている場合ではありません。
また、EVには寒さに弱いという決定的な弱点があります。日本国内でも冬になると大寒波が襲来し、高速道路で立ち往生が発生することがあります。こうした時にガソリン車、ディーゼル車であればエンジンの熱があるので暖房を使い続けられるのですが、EVには熱源がありません。そのため、電気の力で暖房をするわけですが、そうなるとバッテリーを早く消費してしまいます。バッテリーが切れた車内で凍死という笑えない事件が、海外では実際に起きています。しかも米国ではEVの充電スタンドが寒波で凍り付いてしまい、充電ができないEVが続出しているそうです。

こうした事実が浮き彫りになることにより、特に先進国ではEVに対して懐疑的な見方が出始めており、そのことは販売実績にも影響が出ています。それに代わって好調なのが、日本のお家芸であるハイブリッド車です。ガソリン車とEVの両方の機能を備えて「いいところ取り」をしているので、ハイブリッド車に目が向くのは当然といえます。特にトヨタのハイブリッド車技術は世界最高で、EVよりもはるかに環境性能が高いことで知られています。このことに気づいた人は、徐々にEVからハイブリッド車にシフトしているわけです。

そもそも、世界的なEVシフトの目的は露骨な日本車潰し、トヨタ潰しです。ガソリン車やハイブリッド車の技術で日本に勝てない欧米や中国のメーカーがEVシフトを打ち出し、世界的なキャンペーンを張ってきたのが今の状況につながっています。「何となくEVが良さそう、未来な感じがする」と世界中が群がったものの、よく見ると使い物にならない、しかも環境性能が高いとは言えないことに気づき、EVから離れる人が増え始めているわけです。
欧米諸国では補助金があったからこそEVが売れていただけで、補助金が終了した途端に売れなくなったとの指摘もあります。世界トップのEVメーカーであるテスラ社の株価が暴落していることからも、EVの凋落傾向を見て取ることができます。

今後、充電スポットの拡充や電力源の再生可能エネルギー化が進むなど、社会全体のEVシフトが起きるようであれば、それは価値があることかもしれません。しかし、今の状態のEVが世界のスタンダードになる、そうならなければならないといった論調には、特定の誰かを利し、日本の自動車産業にダメージを与えるための何か怪しげな思惑があると言わざるを得ません。

和上ホールディングス 30周年記念サイト
農地高額買取査定
和上ホールディングス
住宅用太陽光発電の販売設置
住宅用蓄電池の販売設置
給湯器・エコキュートの販売設置
太陽光カーポートの販売設置
太陽光発電所の購入売却
太陽光発電所の購入売却_English
太陽光発電所の購入売却_简体中文
太陽光発電所のメンテナンス
太陽光発電所の部材販売
営農型太陽光発電ソーラーシェアリング
太陽光発電所の造成・土木工事
脱炭素・再生可能エネルギー導入
自家消費型太陽光発電所の導入
脱炭素経営コンサルティング
口コミ・評判・実績サイト
和上とくとくチャンネル
弊社代表・石橋大右が自家消費について書籍を出版しました。
和上電気工事養成所
太陽光発電所しっかり査定
太陽光発電所売却相談サポート
低圧・高圧太陽光発電所の買取査定
太陽光発電所のかんたん査定
太陽光発電用用地募集
太陽光発電土地売却スピード査定
太陽光発電投資をおすすめする3つの理由
再生可能エネルギーのメディアとくとくマガジン
太陽光発電所の買取相場の確認サービス
太陽光発電投資の個別セミナー開催!
太陽光発電メンテナンスの防災対策
太陽光発電メンテナンスの災害復旧
電力トレーサビリティシステムecoln
太陽光発電メンテナンス一括見積もりサービス
太陽光発電お試し点検実施中!
太陽光発電量診断
太陽光発電中古・新設物件購入・投資
今から始める太陽光発電投資
企業投資向けサービス『系統用蓄電池』
低圧高圧太陽光発電売却一括査定サイト
住宅用太陽光発電一括見積もりサービス
低圧高圧太陽光発電所のスピード査定
高圧低圧太陽光発電所の高額買取査定
高圧太陽光発電所高額買取査定
経営者・資産家・高年収の皆様へ 節税なら太陽光
年収400万円以上の方向け節税対策
年収800万円以上の方向け節税対策
高圧太陽光発電所高額買取専門店
高圧太陽光発電所売却をおすすめする5つの理由
脱炭素経営個別セミナー開催!
低圧高圧中古太陽光発所買取販売直売店
高圧太陽光発所のメンテナンス決定版 発電量増量計画始動
太陽光発所 ケーブル盗難対策の小さな秘密兵器
太陽光発所 パワコン リプレイス
太陽光発所 ドローン点検
太陽光発所メンテナンス オンライン無料相談
太陽光発所 パワコン リパワリング
太陽光発電メンテナンス完全ガイドブック
自家消費(PPA/自己託送)完全ガイドブック
ゼロカーボン総合支援完全ガイドブック
脱炭素経営完全ガイドブック
太陽光 蓄電池 エコキュート 1分でわかるシリーズ発行