コーポレートPPAとは?種類や特徴、仕組み、国内外の導入事例などをわかりやすく解説。

コーポレートPPAとは?種類や特徴、仕組み、国内外の導入事例などをわかりやすく解説。

昨今の脱炭素化の世界的な潮流の中で、企業はできるだけ再生可能エネルギーを活用することが求められています。脱炭素化を推進しない企業は、投資家や消費者、国際的なイニシアチブなどからの評価を落とすことになり、脱炭素への取り組みが企業経営にとって喫緊の課題になっているとも言えます。

また、2021年以降、液化天然ガス(LNG)の需要増大や世界的な自然災害などで燃料価格が高騰し続け、企業や個人の電気料金負担増加につながっています。そのため、事業者の多くは「どうにかして固定費を削減したい…」、「節電しているけれど限界がある…」など、電気料金負担に関する悩みを抱えているのではないでしょうか。

そのような状況を背景に、現在注目を集めているのが「コーポレートPPAモデル(以下、PPAモデル)」です。

この記事では、PPAモデルの意味や特長、オンサイトPPAやオフサイトPPAの違いについてわかりやすく解説していきます。PPAの導入に興味がある企業の方は、ぜひ参考にしてください。

コーポレートPPAとは

コーポレートPPA(Power Purchase Agreement / 電力購入契約)は、再生可能エネルギーの普及を加速させるための強力なツールとして、世界中の企業に注目されています。

これは、企業が直接、発電事業者から環境に優しい電力を長期にわたり購入する契約のことを指します。この取り組みは、企業が自らの環境負荷を減らし、持続可能な社会づくりに貢献する大きな一歩となります。

コーポレートPPAとは、一般に「企業が再生可能エネルギー源から直接電力を購入する契約」と定義されます。この契約形式の最大の特徴は、企業が固定価格で長期間にわたって電力を確保できる点にあります。これにより、電力価格の変動リスクを低減し、将来のエネルギーコストを予測可能にします。

太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー源から供給される電力は、従来の化石燃料による発電と比べて、CO2排出量が少ないまたはゼロであるため、企業の環境負荷の削減に直結します。

コーポレートPPAのメリットとデメリット

コーポレートPPAは、企業にとってエネルギー調達の新しい時代を切り開くものです。しかし、その導入にあたっては、メリットとデメリットの両方を理解し、バランス良く取り入れることが重要です。以下では、コーポレートPPAを採用することの経済的及び環境的なメリットと、その導入に伴うデメリット及びその対策を、分かりやすく解説します。

メリット:経済性と環境への貢献

コーポレートPPAの最大のメリットは、経済性と環境への貢献の二つに大別できます。

経済性に関しては、固定価格で長期間にわたる電力の購入が可能になるため、電力価格の市場変動から企業を保護します。これにより、将来のエネルギーコストを予測しやすくなり、長期的な財務計画の安定に寄与します。

環境への貢献という観点では、再生可能エネルギーの使用を通じて企業のCO2排出量を削減し、持続可能なビジネスモデルへの転換を促進します。太陽光発電や風力発電など、再生可能エネルギー源からの電力調達は、企業のグリーンイメージ向上にも寄与し、顧客や投資家からの評価を高める効果が期待できます。

デメリットとその対策

ではデメリットはなにか。主なものとしては、長期契約による柔軟性の欠如や、契約期間中の技術的な進歩によるコスト削減の機会損失が挙げられます。また、地理的な制約や発電設備の設置条件など、導入にあたっての初期障壁も存在します。

これらのデメリットに対する対策としては、契約の柔軟性を確保するための条項の検討、テクノロジーの進歩に応じた契約の見直し機会の設定、そして発電設備の設置や運用における専門家との協力などが考えられます。

重要なのは、コーポレートPPAを導入する際には、そのメリットを最大限活用しつつ、可能なリスクを事前に理解し、適切な対策を講じることです。

コーポレートPPAは、経済性と環境保全のバランスを考えた企業戦略の一環として、ますます重要性を増しています。そのメリットを享受しつつ、デメリットを最小限に抑えることで、企企業が再生可能エネルギーを積極的に取り入れる動きが加速する中、コーポレートPPA(電力購入契約)は、特に太陽光発電の分野で注目を集めています。

コーポレートPPAの契約形態について

コーポレートPPAは、企業が再生可能エネルギーを利用するための多様な契約形態を提供します。これらの契約形態は、企業の立地、エネルギー需要、環境目標に応じて選択できるようになっています。ここでは、オンサイトPPA、フィジカルPPA、バーチャルPPAの三つの契約形態とその特徴を、分かりやすく説明します。

オンサイトPPA

オンサイトPPAは、企業が自社の敷地内に再生可能エネルギー源(例えば、太陽光パネル)を設置し、そこで生成される電力を直接利用する契約形態です。

この方式の最大の利点は、電力を現地で消費するため、送電ロスがなく、エネルギー効率が高いことです。また、企業は再生可能エネルギーを直接使用することで、環境への貢献と企業イメージの向上を図ることができます。

さらに、電力コストの安定化にも寄与し、長期的なエネルギーコストの予測可能性を高めます。

フィジカルPPA

フィジカルPPAは、企業は特定の再生可能エネルギー発電所から直接電力を購入します。この電力は、電力網を通じて企業に届けられるため、企業は自社の場所から離れた場所にある発電所からもクリーンエネルギーを調達することができます。

この契約形態のメリットは、大規模な再生可能エネルギープロジェクトにアクセスできることにあります。これにより、企業はより安価で安定した再生可能エネルギー供給を得ることが可能になります。

バーチャルPPA

バーチャルPPAは、実際には電力を物理的に受け取らないが、特定の再生可能エネルギー発電所の電力に関連する財務的な利益を受け取る契約形態です。企業は発電所の発電量に基づいて市場価格で電力を「購入」し、その電力が市場に売られる際の価格差益を得ることができます。

この方式のメリットは、地理的な制約を受けずに、企業が再生可能エネルギー発電を支援できることです。また、炭素排出権の取引や企業の環境目標達成にも貢献します。選択基準としては、契約の柔軟性、市場価格の動向、企業の環境目標などが含まれます。

バーチャルPPAは、企業が直接電力を消費しなくても、再生可能エネルギーの拡大に貢献できるため、特に地理的な制約が大きい企業や、直接的な電力調達が困難な企業に適しています。この契約形態を選択することで、企業は自身の環境負荷を低減しつつ、再生可能エネルギーの普及促進にも寄与することができます。

コーポレートPPAの契約形態を選択する際には、企業の具体的なニーズや目標に合わせて、最適な形態を選ぶことが重要です。各契約形態にはそれぞれ特有のメリットがありますが、同時に考慮すべきリスクやデメリットも存在します。

企業はこれらの特性を理解し、自社のサステナビリティ戦略やエネルギー需給計画に最も適した契約形態を選択することで、再生可能エネルギーを効果的に活用し、長期的なビジネス価値を高めることができるでしょう。

コーポレートPPAの導入プロセス

コーポレートPPAは、企業が再生可能エネルギーの調達を通じて、環境目標を達成し、電力コストの安定化を図る強力な手段です。しかし、その導入プロセスは複雑であり、成功には慎重な計画と準備が必要です。

続いて、コーポレートPPAの導入プロセスを解説し、成功のためのポイントと注意点をご紹介します。

コーポレートPPA導入までの流れ

コーポレートPPAの導入プロセスは、大きく分けて以下のステップから成り立っています。

  1. 目標の設定 導入の目的を明確にし、達成したい環境目標や電力コスト削減の目標を設定します。
  2. 市場調査 利用可能なPPAの種類、提供事業者、条件などの情報を収集し、市場の動向を理解します。
  3. 発電事業者との交渉 条件が合致する発電事業者を選定し、契約条件について交渉を行います。
  4. 契約の締結 契約条件に合意したら、正式に契約を締結します。
  5. プロジェクトの実施 契約に基づき、再生可能エネルギーの調達が開始されます。
  6. モニタリングと評価 契約の実施状況を定期的にモニタリングし、目標達成度を評価します。

成功のためのポイントと注意点

コーポレートPPAの導入で成功を収めるためには、以下のポイントと注意点を踏まえることが重要です。

  • 十分な下調べと準備 導入前に市場調査を徹底し、自社に最適なPPAの形態を選択することが重要です。
  • リスク管理 電力価格の変動リスクや発電量の変動リスクを事前に把握し、契約において適切なリスク管理条項を設定してください。
  • 専門家の活用 法的な側面や契約の複雑さを鑑み、専門家(法律顧問、エネルギーコンサルタントなど)のアドバイスを活用することが望ましいです。
  • 内部体制の整備 コーポレートPPAの管理・運用には、内部での体制整備が必要です。関連部署間の連携を強化し、スムーズな運用体制を構築してください。

国内外のコーポレートPPA事例

コーポレートPPAは世界中で注目を集めており、多くの企業が持続可能なエネルギー供給の確保と環境目標の達成に向けて積極的に取り組んでいます。日本はもちろん、世界各国でも再生可能エネルギーの利用拡大を目指す動きが活発になっています。

日本の企業による導入事例

電力会社とのオフサイト型PPA

  • セブン&アイ・ホールディングス NTTグループと共同で、一部のセブンイレブン店舗(40店舗)とイトーヨーカドー店舗(アリオ亀有)の店舗運営に100%再生可能エネルギーを使用。電力会社が発電事業者から調達した再生可能エネルギー電力を、企業に供給する形態。
  • 楽天グループ 東北電力と共同で、楽天モバイルのデータセンター向けに100%再生可能エネルギーを使用。企業が電力会社から直接再生可能エネルギー電力を購入する形態。

自社所有の発電設備によるオンサイト型PPA

  • トヨタ自動車 北海道苫小牧市で太陽光発電所を建設し、自社の自動車工場に電力を供給。企業が自ら発電設備を所有・運営し、発電した電力を自社で使用する形態。
  • イオン 全国各地の店舗に太陽光発電設備を設置し、店舗運営に電力を供給。企業が自社の敷地内に発電設備を設置する形態。

世界で注目されるコーポレートPPAの事例

世界最大のコーポレートPPA

  • Amazon 世界最大の規模を誇るコーポレートPPA。米国エネルギー会社アヴェントラと契約し、2.6GW分の再生可能エネルギー電力を調達。

複数企業による共同PPA

  • Apple、Google、Microsoftなど 複数企業が共同でPPA契約を締結し、再生可能エネルギー電力を調達。複数企業が共同で調達することで、規模の経済を実現。

アジアにおける注目事例

  • 台湾積体電路製造(TSMC) アジアにおけるコーポレートPPAの代表的な事例。台湾南部に太陽光発電所を建設し、自社の半導体工場に電力を供給。

近年、国内外の企業におけるコーポレートPPAの導入が加速しています。日本企業では、電力会社とのオフサイト型PPAが主流ですが、自社所有の発電設備によるオンサイト型PPAも増えています。世界では、AmazonやAppleなど、大企業による大規模なコーポレートPPAが注目されています。

今後も、コーポレートPPAは企業の脱炭素化に向けた重要な取り組みとして、ますます普及していくことが期待されます。

コーポレートPPAと他の電力調達方法との比較

再生可能エネルギーへの移行が進む中、企業が電力を調達する方法も多様化しています。特にコーポレートPPAは、その柔軟性と環境への配慮から注目を集めています。しかし、この新しい方法と従来の電力調達方法とはどのように異なるのでしょうか?

ここでは、コーポレートPPAと自己託送、伝統的な電力契約との違いについて詳しく解説します。

自己託送との違い

自己託送とは、企業が自らの消費する電力を自社で発電または他社から購入し、公共の電力網を通じて自社の施設まで送電する方法です。

この方法の最大の特徴は、電力の発電と消費が同一法人内で完結するため、電力の調達コストを抑えることができる点にあります。しかし、自己託送では、発電所の建設や運営に関わる初期投資が大きく、また、発電設備の管理・維持にもコストと手間がかかります。

コーポレートPPAは、これに対し、企業が直接電力を発電する必要がなく、再生可能エネルギー発電事業者から長期にわたって安定して電力を購入することができます。これにより、企業は初期投資を抑えつつ、環境負荷の低減に貢献することが可能になります。

伝統的な電力契約との比較

伝統的な電力契約とは、企業が電力会社と契約を結び、市場価格に基づいて電力を購入する方法です。この契約形態の主な問題点は、電力価格の変動リスクを企業が負う必要があることです。市場価格が変動すると、電力コストもそれに伴って変化し、予算計画に影響を与える可能性があります。

コーポレートPPAでは、一方で、企業は発電事業者と固定価格で長期契約を結ぶため、電力価格の変動から保護されます。この安定した価格設定は、企業の財務計画の安定性を高めると同時に、長期的な視点で再生可能エネルギーの利用を計画することができます。

コーポレートPPAは、再生可能エネルギーへの移行を加速させるための強力なツールであり、企業にとって電力調達の新たな選択肢を提供します。

自己託送や伝統的な電力契約と比較して、コーポレートPPAは、電力コストの予測可能性を高め、環境への貢献を促進することを可能にします。また、企業の社会的責任(CSR)活動としても、持続可能な社会づくりに貢献する強力なメッセージを発信することができます。

経済的な利益と環境への貢献を両立させるコーポレートPPAは、今後、多くの企業にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

コーポレートPPAの拡大可能性とその影響力

コーポレートPPAという契約形態は、企業にとってだけでなく、社会全体にとっても多大な利益をもたらす可能性を秘めています。ではその影響力はどんなものか、市場の動向を最後に見ていきましょう。

再生可能エネルギーの拡大とコーポレートPPA

再生可能エネルギーの導入拡大は、地球温暖化対策と持続可能な社会の実現に向けて不可欠です。コーポレートPPAは、企業が直接再生可能エネルギーを調達することを容易にし、再生可能エネルギー市場の成長を加速させる重要な役割を果たしています。

特に、太陽光や風力などの設備投資にかかる初期コストの高さがネックとなっている中で、コーポレートPPAは企業にとって財務的リスクを最小限に抑えつつ、クリーンエネルギーへのアクセスを提供します。この動きは、再生可能エネルギーの技術開発と普及にも寄与し、長期的にはエネルギーの価格安定にも繋がります。

政策と市場の動向

各国政府の再生可能エネルギーに関する政策や支援も、コーポレートPPAの普及に大きく影響を与えています。再生可能エネルギーへの投資を促進するための税制優遇や、環境目標達成に向けた規制強化など、政策によって企業が再生可能エネルギーの利用をより積極的に検討する背景が整っています。

また、消費者や投資家からの環境に対する意識の高まりも、企業が再生可能エネルギーの利用を拡大する大きな動機となっており、市場全体のトレンドとして、再生可能エネルギーへの関心が高まっています。

コーポレートPPAの未来は、技術的な進歩、政策の支援、市場の動向によって大きく左右されます。これらの要素が相まって、再生可能エネルギーのさらなる導入拡大を促し、持続可能なエネルギー供給の実現に向けた道を切り拓いていくでしょう。

企業がこの動きに積極的に参加することで、環境へのポジティブな影響を生み出すとともに、経済的なメリットも享受することが期待されます。

まとめ

コーポレートPPAは、再生可能エネルギーの利用拡大に向けた企業の取り組みにおいて、ますます重要な役割を果たしています。これは、企業が直接、発電事業者から環境に優しい電力を長期にわたり購入することを可能にする契約形態です。その主なメリットには、エネルギーコストの安定化、環境負荷の低減、企業イメージの向上などがあります。

企業にとってコーポレートPPAは、エネルギーコストの予測可能性を高めるだけでなく、持続可能なビジネス運営へのコミットメントを示す手段としても機能します。特に、気候変動対策や環境保全への社会的要求が高まる中、コーポレートPPAは企業が社会的責任を果たし、持続可能な社会づくりに貢献するための効果的な戦略となり得ます。

さらに、コーポレートPPAを通じて再生可能エネルギーの利用を拡大することは、政府や自治体からの支援を受ける機会を増やすことにも繋がります。これにより、企業は再生可能エネルギー関連の補助金や税制優遇などのメリットを享受することができるようになります。

しかし、コーポレートPPAの導入にあたっては、契約の複雑性や初期投資の負担、発電量の変動リスクなど、いくつかの課題に直面することもあります。成功への道は、これらの課題を理解し、適切なリスク管理戦略を立てることから始まります。また、市場動向や再生可能エネルギー技術の進化を注視し、柔軟な契約条件の検討と専門家との協力が鍵となります。

弊社とくとくファームでは、メガソーラーの設計から施工、保守点検に対応しています。また、専任のアドバイザーがお客様のご予算や要望に合わせてプランニングするので、負担を抑えながらスムーズに設置を進められます。

お電話やWebフォームからのお問い合わせに加えて、無料の個別セミナーではメガソーラー事業や環境経営の基礎についても質問できます。ぜひお気軽にご相談ください。

太陽光発電所の購入・ご相談はこちら

太陽光投資 専門サイト

太陽光投資 専門サイトまずはお気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください。

産業用メガソーラーカテゴリの最新記事

運営会社

株式会社和上ホールディングス

〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地 1-13-22御堂筋フロンティア

TEL:050-3176-2122 / FAX:050-3512-2103

© 2024 とくとくマガジン

ISO9001:2015認証取得ISO14001:2015認証取得

特定建設業許可番号 大阪府知事許可(特-27) 第144257号一級建築事務所

和上ホールディングスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。