ソーラーカーポートって何?後悔しないために、特徴や設置方法を知ろう!

ソーラーカーポートって何?後悔しないために、特徴や設置方法を知ろう!

太陽光発電には、土地付き太陽光発電や住宅用太陽光発電の他、ソーラーカーポートという種類が存在します。個人の場合は、自宅のカーポートに設置できますし、法人であれば自社の駐車場に設置することが可能です。しかし、聞きなれない設備でもあるため、イメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ソーラーカーポートの特徴や収支、メリット・デメリットについて詳しくご紹介します。さまざまな太陽光発電を見た上で設置を検討したい方やカーポートで産業用クラスの売電収入を目指している方は、参考にしてみてください。

ソーラーカーポートとは何?

ソーラーカーポートとは何?

ソーラーカーポートは、カーポートの屋根に太陽光パネルやケーブルを設置する太陽光発電の一種です。また、カーポートの周辺にパワーコンディショナなどの関連機器を設置・接続します。

カーポートとは、柱と屋根で構成されたシンプルな車庫のことです。カーポートを設置している企業の場合は、既存の屋根に太陽光パネルを設置できる可能性もあります。

ソーラーカーポートは、一般的な太陽光発電と同じく太陽光で発電した電気を自家消費したり電力会社へ売電したりすることが可能です。企業にとってソーラーカーポートは、太陽光発電用の土地を確保せず、売電収入や電気代削減効果を見込める太陽光発電投資です。

ソーラーカーポートの特徴

ソーラーカーポートの基本的な部分を理解したあとは、主な特徴について確認していきます。

後付けと一体型が存在

ソーラーカーポートには、大きく分けて3種類存在します。ソーラーカーポートに関心を持っている企業や個人は、参考にしてみてください。

以下にソーラーカーポートの種類と特徴を紹介します。

タイプ特徴
太陽光発電一体型 ・カーポートの屋根と太陽光発電システムが一体となっている。
・1つの屋根に対して4本の柱で支える。
・屋根は太陽光パネルに合わせて平面形状で設計される。
・比較的低コストで導入可能
太陽光発電を後付け(搭載型) ・カーポートに太陽光発電システムを後から搭載できる。
・カーポートの屋根と太陽光パネルは別々の部品、取り外すことが可能。
・屋根と太陽光パネルが別々のため、パネルの角度を調整できる
・カーポートの耐荷重や地盤との兼ね合いから、設置難易度が高い場合もある
オーダーメイド ・自由設計型でカーポートと太陽光パネルの設置の角度や部材の種類など細かく調整可能
・他2種類の設置方法と比較してコストは高め

従業員用の駐車場やお客様用の駐車場にカーポートが設置されている場合は、後付けタイプの方が手間をかけずに設置できる場合もあります。

しかし、カーポートの耐荷重や向きの問題から太陽光パネルを設置できない時は、新たに一体型を導入したりオーダーメイド型を検討してみたりするのがおすすめです。

カーポートの耐荷重は100~600kg/㎡

ソーラーカーポートに用いるカーポートの耐荷重は、タイプによって100kg~600kgと幅広いのが特徴です。

特に注意すべきポイントは、コストを気にするあまり耐荷重の低い一般向けのカーポートを設置してしまうことです。一般地域用のカーポートは、耐荷重100kg程度と太陽光パネルを設置できます。

しかし、太陽光パネルや架台の長期設置による荷重を前提とした設計ではないため、おすすめできません。

ソーラーカーポート用のカーポートを探す場合は、少なくとも1㎡あたり300kg以上のタイプから検討してみるのが大切です。太陽光パネル1枚の重量16kgとした場合、10枚設置すると架台約100kgと合わせて合計260kg程度の荷重がカーポートにかかります。

産業用ソーラーカーポートの収支

産業用ソーラーカーポートの収支

ソーラーカーポートは、一般の太陽光発電と同じく出力に応じて住宅用と産業用に分けられます。出力10kW以上の太陽光発電システムをカーポートに積む場合は、産業用ソーラーカーポートとしてみなされます。

ここからは、産業用ソーラーカーポートの初期費用や売電収入の目安について紹介します。

産業用太陽光発電と大きく変わらない初期費用

産業用含むソーラーカーポートの初期費用は、一般的な産業用太陽光発電と大きく変わりません。

ただし、初期費用の考え方は、産業用太陽光発電と異なります。なぜなら、駐車台数(カーポートのサイズ)を軸に設置面積および費用を検討していくためです。

以下に初期費用や発電量の目安を紹介します。

駐車台数2台程度 ・初期費用:180~240万円
・発電量:5kW前後
駐車台数3台程度 ・初期費用:250~300万円
・発電量:8kW前後
駐車台数4台程度 ・初期費用:300~380万円
・発電量:10kW

産業用ソーラーカーポートは出力10kW以上の太陽光発電を指すので、少なくとも駐車台数4台以上のカーポートを設置すれば、10kWの出力を確保できます。

また、産業用ソーラーカーポートを設計・設置している企業では、駐車台数8台や10台程度のカーポートを提供しています。駐車台数10台以上(出力20kW以上)の場合は、初期費用800万円~と想定されます。

売電収入はFIT制度や設置場所によって変動

産業用ソーラーカーポートの売電収入は、FIT制度の固定買取価格や設置場所の日射量や日照時間、太陽光パネルの設置角度や性能、パワーコンディショナの容量によって変わります。つまり、売電収入の変動要因は、産業用太陽光発電と変わりません。

2022年度の固定買取価格は、10kW以上50k未満で11円、50kW以上250kW未満で10円の予定です。

出力10kWの発電量10,000kWhと仮定した場合は、年間の売電収入は10万円程度と計算できます。ただし、地域活用要件の関係で出力10kW以上50kW未満は、原則自家消費率30%を維持しなければいけないため、発電した電気を全て売電できません。

産業用ソーラーカーポートで効率よく売電収入を得たい時は、出力50kW以上の設備規模を検討しておくのが大切です。

初期費用回収までは8~12年

初期費用回収の期間は、一般の産業用太陽光発電と同じく8年~12年程度とされています。

オーダーメイド型のソーラーカーポートを選択した場合は、状況によって回収期間13年~15年に延びるケースもあります。また、特注でカーポートの部材を発注する場合は、既製品よりも30万円程度負担が増えます。

さらに出力10kW以上の50kW未満のソーラーカーポートは、地域活用要件の関係で全量買取を選択できないため、電気代削減効果と合わせて初期費用回収期間を計算する必要があります。

つまり、売電収入額と電気代削減額で浮いた予算を初期費用(ソーラーローンなど)の回収に充てるという考え方です。単純に全量買取による収支計算を行いたい時は、出力50kW以上の産業用ソーラーカーポートを検討してみるのが大切です。

ソーラーカーポートの設置で固定資産税はかかる?

ソーラーカーポートの設置で固定資産税はかかる?

産業用ソーラーカーポートを検討している事業者は、固定資産税についても意識しておくのが大切です。

それでは、ソーラーカーポートの設置と固定資産税の関係について確認していきます。

指定の条件を満たすかどうかで変わる

出力10kW以上でなおかつ一体型のソーラーカーポートは、固定資産税がかかります。

ただし、オーダーメイド型のソーラーカーポートや設置状況によっては、固定資産税の対象として捉えられる可能性もあるため、管轄の自治体や設置業者へ事前に相談しておくのがおすすめです。

固定資産税の計算方法

固定資産税は、以下の計算式で求められます。

  • 購入額×(1ー原価率)=評価額
  • 評価額×固定資産税率1.4%=課税額

例:300万円のソーラーカーポートを設置した場合

  • 300万円×(1ー0.064)=280万8,000円
  • 280万8,000円×1.4%=39,312円

なお、原価率は初年度のみ0.064、2年目以降0.127です。ソーラーカーポートを含む太陽光発電の法定耐用年数は17年なので、設置年から17年までの原価率が適用されます。

ソーラーカーポートのメリット

ソーラーカーポートのメリット

ソーラーカーポートの特徴などを理解したあとは、導入メリットについて確認していきます。

産業用を含むソーラーカーポートは、一般的な太陽光発電とは異なるメリットもあり、土取取得に悩む企業や脱炭素化を目指す企業も要注目です。

土地を別途取得する必要がない

ソーラーカーポートならではのメリットでもあるのが、土地を別途取得せずに始められるという点です。

一般的な産業用太陽光発電は、一定の面積を持つ土地を取得もしくは保有していなければ始められません。一方ソーラーカーポートは、駐車場を所有していればカーポートおよび太陽光発電システムを設置できます。

さらに駐車台数10台や20台といった規模の駐車場を所有している場合は、出力10kW以上の産業用ソーラーカーポートも検討することが可能です。

太陽光発電用地の手間やコストが気になる事業者にとっては、大きなメリットです。

電気自動車の充電など自家消費しやすい

産業用ソーラーカーポートは、自家消費しやすいというメリットもあります。

一定の敷地面積の必要な産業用太陽光発電は、一部の企業を除き自社とは離れた場所に購入した土地で設置運用を検討しなければいけません。そのため、発電した電気を自社工場やオフィスなどへ送電するための設備も、検討する必要があります。

自社の駐車場など空いたスペースを有効活用できるソーラーカーポートは、敷地内で発電し続けられます。そのため、発電した電気を駐車中の電気自動車へ充電したり敷地内の事業所や工場へ供給したりすることが可能です。

自家消費型太陽光発電は、脱炭素化など環境問題へ取り組むうえでも重要なポイントですし、BCP対策にもつながります。(BCP対策:災害や有事の際に早期復旧、事業活動の継続を行うための対策)

一般の太陽光発電と同じく売電収入を得られる

産業用ソーラーカーポートは、一般的な土地付き太陽光発電や住宅用太陽光発電と同じく、売電収入を得られます。

特に出力50kW以上の設備を導入した場合は、発電した電気を全て電力会社へ売電することが可能です。発電事業を検討している事業者にとっては、ソーラーカーポートも実用性の高い設備です。

ソーラーカーポートのデメリット

ソーラーカーポートのデメリット

続いては、ソーラーカーポートのデメリットについて紹介します。

増築許可が必要のため手間もかかる

ソーラーカーポートは増築許可の必要な設備のため、ソーラーカーポートやカーポート対応の太陽光発電システムを導入する前に手間と時間がかかります。

ソーラーカーポートの設置には、容積率や建ぺい率の他、建築基準法で定められた設計かどうかなど、さまざまなチェックが入ります。このような作業を建築確認と呼び、床面積10㎡以上の設備に適用されます。

産業用ソーラーカーポートは10㎡を超えるため、許可などが必要です。

カーポートありきのため発電効率を伸ばせない可能性

ソーラーカーポートは、カーポートありきで設計しなければいけないため、状況によってシミュレーション通りの発電量を確保できない可能性もあります。

特に後付けで太陽光パネルを設置する場合は、カーポートの設置場所や屋根の形状などから、太陽億パネルから効率よく太陽光を吸収できない場合もあります。また、設置場所の気候や地形などによって発電量が下がることもあるため、注意しなければいけません。

ソーラーカーポートの設置を検討している事業者は、実績のある太陽光発電販売店や施工業者へシミュレーションを依頼したり自社でもソフトを活用して計算してみたりするのが大切です。

ソーラーカーポートを無料で設置するには

ソーラーカーポートを無料で設置するには

最後に、ソーラーカーポートを無料もしくは費用負担を抑えながら設置する方法について紹介します。

PPA方式を用いる

PPAとは、自社の敷地や建物の屋上などに太陽光発電システムを無償設置可能なサービスのことです。

具体的には、PPA関連の事業者所有の太陽光発電システムを自社のカーポートへ設置しもらいます。設置費用は無料なので、初期費用の負担を避けられます。

契約期間中は、太陽光発電で発電した電気の使用料をPPA事業者へ毎月支払います。契約満了時には、太陽光発電システムを無償でもらえます。

長期的に太陽光発電を利用したい方や初期費用の負担を避けたい方には、メリットのあるサービスです。ただし、契約期間中は売電収入を得られない、出力を指定されるなど、自由同の低さという点は、デメリットの1つです。

屋根貸しで収入を得る

カーポートの屋根貸しは、マンションやアパートの賃貸経営と同じく毎月賃料収入を得られます。

屋根貸しに関する業者へカーポートを一定期間貸し出し、ソーラーカーポートとして使用してもらいます。設置後は、売電収入の一部を賃料・利用料として受け取ることが可能です。

契約期間終了時は、一般的に太陽光発電システムを撤去してもらいます。

ソーラーカーポートと異なる運営方式ですが、太陽光発電の初期費用負担を避けられるのが特長です。また、売電収入を一部得られるので、収益を求めている方にとってもメリットがあります。

補助金制度を探す

産業用ソーラーカーポートを所有したいという場合は、補助金制度で初期費用の負担軽減を検討してみるのもおすすめです。

2021年度は、環境省で「令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」という補助金制度を実施していました。(※第3次公募期間は2021年8月10日まで)

同制度は、CO2削減を目的とした太陽光発電搭載型や一体型のソーラーカーポートに関する補助金制度です。補助金額の上限額は1億円で、補助対象経費の3分の1に相当する補助金を交付してもらえます。

産業用ソーラーカーポートで売電収入を得よう!

ソーラーカーポートとは、カーポートの屋根に太陽光パネルを設置し、発電した電気を自家消費したり売電したりできる設備のことです。

産業用ソーラーカーポートは、産業用太陽光発電と同じく出力10kW以上の設備を指します。産業用ソーラーカーポートの初期費用は、500万円~です。

別途土地を取得して太陽光発電を始める場合と異なり、駐車場内の電気自動車や事業所へ電力供給しやすい特長があります。

駐車場を有効活用したい企業や土地取得のコストを抑えたい企業は、今回の記事を参考にソーラーカーポートを検討してみてはいかがでしょうか。

弊社とくとくファームは、太陽光発電のメンテナンス満足度、太陽光発電所の買取サポート満足度、太陽光発電施工業者顧客満足度1位の評価をいただいた産業用太陽光発電所の売却・購入サービスです。

ソーラーカーポートでは実現の難しい、メガソーラーや出力100kW以上の太陽光発電物件を常時数100件以上掲載しています。太陽光発電投資を検討している方は、ぜひ1度お問い合わせください。

産業用メガソーラーカテゴリの最新記事