蓄電池に火災リスク?安全な使い方のポイントを徹底解説

蓄電池に火災リスク?安全な使い方のポイントを徹底解説

家庭用蓄電池は、太陽光からの電力を自宅で有効に利用できる画期的なテクノロジーです。しかし、安全性に関して心配があるのも事実。それは発火のリスクを無視できない側面です。

この記事では、家庭用蓄電池の魅力と安全な活用法について、詳細に解説します。発火リスクについても包み隠さずお伝えし、適切な予防策と安心のための知識を提供します。エネルギーを効率的に活用し、家計に優しい節約を実現しつつ、安全面でも一歩抜きんでた選択をしませんか?未来のエネルギーへの第一歩が、この記事から始まります。

安全な蓄電池の選択と運用が重要

家庭用蓄電池の容量が4800Ah未満、20kWh未満に制限される理由は、消防法に基づいています。この制限は、火災時の安全性を確保するための措置です。大容量の蓄電池は、火災時に高いエネルギーを急激に放出し、火災の拡大や消防士の作業を妨げる危険性があるためです。

また、適切な設置場所と通風を確保し、火災時の消火作業をスムーズに行える環境を整えることも考慮されています。この制限は、安全基準を遵守し、事故を未然に防ぐためにも役立ちます。消防法に従い、安全な蓄電池の選択と運用が重要です。

そのため、多くの家庭では20kWh未満の蓄電池を設置しています。

蓄電池の設置場所には決まりがあるのか

蓄電池が万一火災を起こすことを想定して、床材には一定の決まりがあります。ルールにしたがって床材を選ぶことも安全への第一歩です。

非燃性材料を使用する

延焼しないために必須ですね。非燃性材料は、火災が発生しても燃え広がらず、火の拡大を抑制します。金属製の床も熱がこもりやすいため、台座の上に設置したり、通気性を確保する必要があります。

耐酸性の床を選ぶ

リチウムイオン電池は希硫酸と水素ガスを発生しやすいため、耐酸性が必要になります。また、蓄電池に使用される酸性電解液が漏れる可能性があるためです。この酸性液体は通常の床材を腐食させ、損傷を引き起こす可能性があるため、耐酸性の床は床の保護と耐久性の確保に役立ちます。

直射日光を避ける

蓄電池は、高温状態に弱いので、直射日光が当たらない場所、家屋の北面に設置するのが理想です。直射日光は高温を引き起こし、蓄電池の性能と寿命に悪影響を及ぼす可能性があります。適切な設置場所を選ぶ際には、日光を受けない場所や遮蔽物を検討し、製造業者の指示に従うことが大切です。直射日光を避けられない場合は、日除けを設けたり冷却対策を検討して温度を管理し、蓄電池の性能を最適化しましょう。

建物との距離を確保

蓄電池を屋外に設置する場合、建物との距離を3メートル以上確保することが必要です。これは、蓄電池が高温になりやすく、建物に近づくと壁を貫通する部品が熱を持ち、火災の危険性があるためです。ただし、不燃性素材を使用している蓄電池や、容量が10kW未満の蓄電池の場合は、距離の制約が緩和されることがあります。設置前に地元の法律や規制を確認し、安全な距離を確保することが重要です。

水没しない場所

蓄電池は電池ですので、当然ながら浸水すると漏電する危険性があります。そのため、浸水しやすい土地には不向きです。

浸水しない場所を選んだり、漏電ブレーカーの設置が必須となります。軒を作り、雨よけ、雪よけをすることも大切です。

蓄電池に騒音対策

蓄電池自体は通常、ほとんど騒音を発生しません。しかし蓄電池が充放電を行なうとき、蓄電池から音が発生します。蓄電池が静かな環境で設置されている場合、ファンやインバーターの音が気になることがあります。

エアコンの室外機の音量が40db~50dbです。家庭用蓄電池の音量は35db~40dbです。蓄電池の騒音は一般的には非常に低いですが、設置場所や機器の種類によっては注意が必要です。

設置前にメーカーの指示に従い、適切な設置場所を選び、騒音に関する適切な措置を検討することが重要です。エアコンの室外機と同様な対応をしておくと問題ないでしょう。

定期的な点検・メンテナンスが必要

消防法では、蓄電池の点検義務が定められています。

蓄電池にも定期的な点検とメンテナンスが必要なのです。点検には外観のチェックや損傷の確認、容量のチェックが含まれます。充放電サイクルと温度管理も重要な項目になります。ソフトウェアのアップデートも忘れずに行い、専門家のアドバイスを受けましょう。

点検には2種類あります。

【機器点検】 半年に一度。点検項目は18項目です。

  1. 設置状況
  2. 表示
  3. 自家発電装置
  4. 始動装置
  5. 制御装置
  6. 保護装置
  7. 計器類
  8. 燃料容器等
  9. 冷却水タンク
  10. 排気筒
  11. 配管
  12. 結線接続
  13. 接地
  14. 始動性能
  15. 運転性能
  16. 停止性能
  17. 耐震措置
  18. 予備品等

【総合点検】 一年に一度。総合点検は7項目です。

  1. 接地抵抗
  2. 絶縁抵抗
  3. 自家発電装置の接続部
  4. 始動装置
  5. 保護装置
  6. 負荷運転または内部観察等
  7. 切替性能

家庭用蓄電池の寿命を延ばすには

蓄電池の寿命は、充放電サイクル数、深い放電、温度、品質、メンテナンス、および蓄電池の種類に依存します。充放電サイクル数が増えると寿命が短くなり、深い放電や極端な温度は劣化を促進します。高品質な蓄電池と適切なメンテナンスは寿命を延ばす要因です。

リチウムイオンバッテリーは一般的に長寿命で、鉛酸バッテリーよりも耐久性が高いことがあります。寿命を最大限に引き延ばすには、適切な運用とメンテナンスが不可欠です。

設置から点検まで理解して、安全に利用していきましょう!

まとめ

適切な対策を講じれば、蓄電池を発火や漏電のリスクから守り、安全に利用できるということです。設置場所にはルールがあり、定期的な点検とメンテナンスが必要ですが、それに従えば発火のリスクを最小限に抑えることができます。

また、蓄電池の寿命についても適切な管理で延ばすことができます。安全な環境でエネルギーを効果的に活用し、節約と快適さを手に入れましょう。蓄電池は未来へのステップであり、生活にポジティブな変化をもたらしてくれるでしょう。

和上ホールディングスでは、蓄電池の導入に関して専門知識と経験を持ったスタッフがサポートいたします。ご希望に合わせた最適なプランを提案し、設置時のコスト削減に貢献いたします。蓄電池の導入に関するご相談は、和上ホールディングスにお任せください。皆様のエネルギー節約と経済効果の最大化をサポートいたします。

家庭用蓄電池のお見積り・ご相談はこちら

家庭用蓄電池 激安販売店

家庭用蓄電池 激安販売店まずはお気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください。

蓄電池カテゴリの最新記事

運営会社

株式会社和上ホールディングス

〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地 1-13-22御堂筋フロンティア

TEL:050-3176-2122 / FAX:050-3512-2103

© 2024 とくとくマガジン

ISO9001:2015認証取得ISO14001:2015認証取得

特定建設業許可番号 大阪府知事許可(特-27) 第144257号一級建築事務所

和上ホールディングスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。