【徹底解説】産業用太陽光発電の魅力とメリットやデメリットとは?

【徹底解説】産業用太陽光発電の魅力とメリットやデメリットとは?

産業用太陽光発電は、持続可能なエネルギー源として急速に注目を集めています。このエネルギー源は、太陽光を利用して電力を得る方法で、地球環境への貢献と経済的なメリットを両立させています。

環境への負荷を軽減させながら、電力を効率的に供給する方法として、多くの産業分野で採用されているのをご存知でしょうか?

この記事では、産業用太陽光発電のメリットやデメリットはじめ、設置場所、費用、補助金などについて詳しく説明します。 さらに、環境への配慮と経済性を両立させるこの技術の未来についても考えます。

産業用太陽光発電とは

産業用太陽光発電とは、一般住宅以外の施設やビジネス向けに設置される、出力容量が通常10kW以上の太陽光発電設備を指します。この分野は、エネルギー効率を向上させ、環境に配慮しながら電力を供給するための魅力的な選択肢となっています。

産業用太陽光発電は、発電した電力に関して2つの主要な買取制度から選択できます。それぞれの制度には異なる特徴があり、ビジネスのニーズに合わせて選択できます。これらの制度は次のようになっています。

余剰電力買取制度

この制度では、発電所が必要な電力をまかなった後に余剰電力を売電することができます。つまり、発電所が消費できない電力を電力会社に販売できるため、収益を上げる機会があります。

全量買取制度

全量買取制度では、発電所で発生したすべての電力を電力会社に販売します。この制度では、売電価格が固定されており、確かな収益を得ることができます。一方で、余剰電力を自己消費できないため、余剰電力を最大限に活用できるプランが必要です。

産業用太陽光発電は、多くのビジネスにとって持続可能なエネルギー供給の手段として魅力的です。これにより、電力コストの削減、環境への配慮、そしてエネルギー自給自足の機会が提供されます。

また、太陽光発電の技術は日々進化しており、効率やコスト面でも改善が続いています。これらの要因から、産業用太陽光発電は多くの企業にとって魅力的なエネルギーソリューションとなっているのです。

太陽光発電の「住宅用」と「産業用」の違い

太陽光発電は、そのシステム出力に応じて「住宅用」と「産業用」に区分されます。この区分は太陽光発電の出力容量に基づいており、理解するために以下に詳しく説明します。

出力容量の違い

太陽光発電の主な区分は、出力容量に基づいています。通常、太陽光発電設備の出力が10kW未満の場合、それは「住宅用」として分類されます。

一方で、出力が10kW以上の場合、それは「産業用」として区分されます。産業用太陽光発電は、一般的に大規模な施設やビジネス向けに設置され、その出力容量は需要を満たすために必要とされることが多いです。

電力の買取制度の違い

住宅用と産業用の太陽光発電には、電力の買取制度においても重要な違いが存在します。住宅用の場合、通常は「余剰電力買取制度」が適用され、売電期間は通常10年間です。これは、発電所が必要な電力をまかなった後に、余剰電力を電力会社に売却できる仕組みを指します。

産業用の太陽光発電では、選択肢が2つあり、それぞれ異なる買取制度を選ぶことができます。「余剰電力買取制度」と「全量買取制度」が用意されており、売電期間は通常20年間です。この制度において、買取価格は毎年変動します。2023年度の価格は住宅用が16円であり、産業用は10円です。

さらに、2022年4月からは50kW以上の産業用太陽光発電において「FIT制度」と「FIP制度」を選択できるようになりました。FIP制度は再生可能エネルギーの市場価格にプレミアムを上乗せする制度で、再エネ発電事業者による選択肢の一つとして導入されました。

このように、住宅用と産業用太陽光発電では、出力容量と買取制度の違いが存在し、ビジネスや施設のニーズに応じて適切な選択をすることが重要です。

利用シーンの違い

太陽光発電の「住宅用」と「産業用」の違いは、その利用シーンにも影響を与えます。住宅用太陽光発電は、一般的に個人の住宅や小規模な施設で使用され、主に家庭用電力の賄いに貢献します。

産業用太陽光発電は、工場、商業施設、大規模なビジネスなどの需要が高い場所で利用され、電力供給の一部またはほぼすべてを賄うために導入されます。

産業用太陽光発電は、多くの場合、大規模なエネルギー需要に対応する必要があるため、出力容量が大きく、買取制度も選択肢が多いです。この違いは、太陽光発電の導入先やビジネスモデルを選択する際に考慨すべき要因であり、環境への貢献とエネルギーの効率的な利用を考える上で重要なポイントとなります。

産業用太陽光発電のシステム構成

産業用太陽光発電システムは、複数の重要な要素で構成されています。以下はその主要な要素についての詳細です。

・太陽光パネル

太陽光パネルは、太陽光エネルギーを受け取り、それを直流電力に変換する役割を果たします。一般的に「ソーラーパネル」、または「太陽電池」と呼ばれることがあります。これらのパネルは、太陽光発電の中心であり、太陽からの光を電力に変えるプロセスが行われます。

  • 蓄電池 蓄電池は、太陽光発電で余分に生成された電力を保存し、必要な時に使用できるようにするデバイスです。蓄電池の導入により、電力の自己消費率を向上させ、夜間や天候が悪い時にも電力供給を維持できます。
  • パワーコンディショナー パワーコンディショナーは、太陽光パネルが発生させた直流電力を、建物内で使用できる交流電力に変換する役割を果たします。これにより、太陽光で発生した電力をビジネスや施設で利用できる形に変えます。
  • 架台 架台は太陽光パネルの設置に使用される台です。これにより、太陽光パネルは適切な位置と角度に配置され、最大の日光を受けることができます。
  • 接続箱 接続箱は太陽光パネルごとに発電した電力をまとめ、パワーコンディショナーに送るための装置です。電力の効率的な集約と配信を可能にします。
  • 分電盤 分電盤は、太陽光発電システムの電力をビジネスや施設内に配信する役割を果たします。この中には、配線用遮断器や漏電遮断器などが集合して取り付けられており、電力の制御と保護を担当します。
  • 受変電設備 高圧の太陽光発電から発生する電力を、実際の使用に適した電圧に変換する設備です。特に電力需要が50kWを超える大規模な施設では、キュービクルとして知られる金属製の箱にこれらの設備を収納して設置されます。
  • 遠隔監視システム 遠隔監視システムは、太陽光発電システムの稼働状況や発電量などを24時間365日監視するためのシステムです。これにより、問題や故障が早期に検出され、メンテナンスや修理が迅速に行われます。
  • 気温計・日射計 気温計と日射計は、太陽光パネルの発電効率を知るための機器です。これらのデータは、システムの最適なパフォーマンスを維持するために重要です。
  • 電力メーター 電力メーターは、発電した電力を商用電力系統へ売電する際の売電量を測定するためのメーターです。同時に、電力会社からの買電量を測定する役割も果たします。このメーターにより、正確な電力取引が可能になります。
  • インバーター インバーターは、太陽光発電で生成された直流電力を交流電力に変換する重要なコンポーネントです。直流電力は太陽光パネルから生成されるため、建物内で使用するために交流電力への変換が必要です。

これらの要素が、産業用太陽光発電システムの基本的な構成要素であり、ビジネスや施設にクリーンで効率的な電力供給を提供します。また、インバーターと蓄電池を追加することで、さらなる効率化を図ることできます。

産業用太陽光発電のメリットとデメリット

産業用太陽光発電には、環境への貢献やコスト削減など多くの魅力がありますが、同時に課題も存在します。ここでは、産業用太陽光発電のメリットとデメリットについて見ていくことにしましょう。

産業用太陽光発電のメリット

  • 再生可能エネルギーの利用 太陽光発電は太陽からの無尽蔵のエネルギーを利用し、再生可能エネルギーの一部となります。これにより、環境に対する負荷を減少させ、持続可能なビジネスモデルを実現できます。
  • 電力コストの削減 太陽光発電は自家消費型として利用でき、発電した電力を自社で使用することで電力コストを削減できます。余剰の電力は売電でき、収益を生み出すことも可能です。
  • グリーンイメージ向上 太陽光発電の導入は、環境への取り組みを示す象徴となり、企業の持続可能性への評価を高め、顧客からの信頼を築くのに役立ちます。
  • エネルギーの自給自足 太陽光発電によって、独立性を高め、エネルギーの自給自足を達成できます。停電時には非常用電源として利用できるため、事業の安定性を保つことができます。

産業用太陽光発電のデメリット

  • 高額な初期投資と設置スペース 太陽光発電システムを導入するには、高額な初期投資と広い設置スペースが必要です。これが事業のハードルとなる場合があります。
  • 天候への依存性 太陽光発電は天候に依存しており、曇りや雨の日は発電量が減少します。これにより、安定した電力供給が難しくなる場合があります。
  • メンテナンスと寿命 システムのメンテナンスやパネルの劣化にはコストと時間がかかります。太陽光パネルの寿命も考慮する必要があります。
  • 法的規制 太陽光発電事業は地域や国によって異なる法的規制が存在し、それに従う必要があります。規制順守に関する課題が生じることがあります。

産業用太陽光発電は多くの利点を提供しますが、課題や制約も考慮する必要があります。ビジネスに導入を検討する際には、これらの要因をバランスよく考えることが重要です。

設置場所と必要な面積

産業用太陽光発電システムの設置には、適切な場所と面積が必要です。どのような場所で設置するか、そして必要な面積は以下のように考えることができます。

屋根への設置

一般的に、産業用太陽光発電は建物の屋根に設置されることがあります。この方法は、既存の建物を活用し、余分なスペースを必要としないため非常に効率的です。

屋根への設置は、福祉施設や工場の中小規模など、屋根面積が確保しやすい施設に適しています。出力容量に応じて、適切な面積を計算し、ソーラーパネルを設置できます。

地上設置

もし建物の屋根が設置に適していない場合、地上にソーラーパネルを設置することも可能です。これには広い敷地面積が必要で、大型の施設や工場などでよく見られます。地上への設置は、出力容量が高い場合に有効で、設置面積を確保することができます。

未利用スペースの活用

産業用太陽光発電は、未利用のスペースを活用するための素晴らしい選択肢です。駐車場、倉庫の周辺地域、工場敷地内など、無駄になっている場所を有効に活用し、クリーンな電力を発生できます。これにより、不動産の価値を向上させ、同時にエネルギーコストを削減できます。

産業用太陽光発電の設置場所と必要な面積は、出力容量に応じて変化します。適切な場所と面積を選択することにより、システムの最適な性能と効率を実珸することができます。設置場所の選択は重要で、環境やビジネスのニーズに合わせて検討することが大切です。

産業用太陽光発電の設置費用

産業用太陽光発電の設置費用は、太陽光パネルや関連機器の本体価格だけでなく、工事費や設置用の部材費、基礎工事などが含まれます。

平均的な費用相場は1kWあたり18~25万円程度です。しかし、具体的な費用は設置容量や施設の条件によって変動します。

投資とランニングコスト

産業用太陽光発電の投資には初期費用がかかりますが、この投資は将来的に回収される可能性があります。発電施設が稼働し始めると、電力の自家消費や売電による収益が期待できます。また、ランニングコストは比較的低く、定期的な保守点検やメンテナンスが行われます。

FIT制度の影響

FIT制度は太陽光発電の普及に大きな影響を与えています。この制度により、発電した電力を固定価格で売電することができ、収益を安定させることが可能です。FIT制度の買取価格は毎年見直されますが、一般的には太陽光発電施設の運用にプラスの影響を及ぼします。

また、2022年から始まったFIP制度も、再生可能エネルギー発電事業者に新たな収益機会を提供しています。

これらの要因を考慮しながら、産業用太陽光発電の設置費用を計画し、収益性を評価することが重要です。

初期費用ゼロのPPAモデル

太陽光発電を導入する際、初期費用が課題となることがあります。しかし、初期費用を抑えつつ太陽光発電を利用できる方法として、PPAモデルがあります。以下では、PPAについて詳しく説明します。

PPAとは

PPA(Power Purchase Agreement)は、電力の生産者と消費者との間で結ばれる電力購入契約の一形態です。

具体的には、太陽光発電施設を所有・運用する事業者が発電した電力を売電し、消費者である建物や企業が一定の価格で電力を購入する契約です。この契約において、発電事業者が太陽光発電設備の設置や保守に責任を負い、消費者は安定した価格で電力を購入できるというメリットがあります。

利点と制約

PPAモデルの利点は、初期費用をゼロに近づけられることです。発電事業者が設備の設置・運用に費用をかけ、消費者は契約に基づいて電力を購入します。

これにより、発電事業者は収益を得られ、消費者は固定価格で電力を購入できるため、長期的に見て双方にメリットがあります。

一方で、PPAには一定の制約も存在します。契約期間中は価格が固定されているため、市場価格の変動からは逃れられません。また、契約解除や変更が難しいことも考慮すべき点です。

事例紹介

PPAモデルは、多くの企業や施設で採用されており、成功事例が数多く存在します。その例をいくつかご紹介します。

イオン

2021年、イオンは自社の物流施設において、PPAモデル型の太陽光発電システムを導入しました。年間想定発電量は約1,388MWh、約715tCO2/年相当の温室効果ガスの排出量削減に貢献する見込みです。

参照:SOLAR JOURNAL

鈴与商事

鈴与商事は、静岡市にある清水銀行・袖師支店の屋上にオンサイト型PPA(電力購入契約)モデルによる自家消費型太陽光発電設備を設置する。静岡県内の金融機関では初のオンサイト型PPAによる太陽光発電設備になります。

太陽光パネルの出力は約10kW。年間発電量は1万2106kWhを見込みます。そのうち自家消費量は9080kWhで、余剰電力は固定価格買取制度(FIT)に基づき中部電力パワーグリッドに売電し、CO2削減効果は年間3441kgとなる予定。

参照:日経BP

このようにPPAは、太陽光発電の普及に大きく貢献しており、初期費用を抑えつつ再生可能エネルギーを活用する方法として注目されています。

産業用太陽光発電の補助金

産業用太陽光発電を導入する場合、要件を満たせば、国や地方自治体から補助金を受けられます。補助金や助成金を活用し、自家消費型太陽光発電を導入することで、初期費用の経済的な負担を軽減できることはもちろん、電気代削減・環境経営・非常用電源の確保・BCP対策などさまざまなメリットがあります。

太陽光発電の補助金制度は、都道府県や市区町村の地方自治体ごとに用意されており、多くの自治体では、国と地方自治体の補助金は併用可能です。補助金の申請は先着順で、予算額に達した場合、新規受付終了となる場合があるため、計画的に補助金制度をフル活用しましょう

まとめ:産業用太陽光発電の可能性

産業用太陽光発電は、持続可能な未来に向けた魅力的なエネルギー選択肢の1つです。この記事では、太陽光発電の基本から産業用途での利点、設置方法、費用、そして補助金までを詳しく解説しました。

環境への配慮と経済的メリットを兼ね備えた産業用太陽光発電は、エネルギー分野の未来を切り開く一翼を担っています。持続可能なビジネス戦略の一環として、太陽光発電を検討する際には、設備の出力や設置場所、費用、そして補助金の活用など、多くの要因を考慮することが大切です。

弊社とくとくファームでは、メガソーラーの設計から施工、保守点検に対応しています。また、専任のアドバイザーがお客様のご予算や要望に合わせてプランニングするので、負担を抑えながらスムーズに設置を進められます。

お電話やWebフォームからのお問い合わせに加えて、無料の個別セミナーではメガソーラー事業や環境経営の基礎についても質問できます。少しでも気になる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

太陽光発電所の購入・ご相談はこちら

太陽光投資 専門サイト

太陽光投資 専門サイトまずはお気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください。

産業用メガソーラーカテゴリの最新記事

運営会社

株式会社和上ホールディングス

〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地 1-13-22御堂筋フロンティア

TEL:050-3176-2122 / FAX:050-3512-2103

© 2024 とくとくマガジン

ISO9001:2015認証取得ISO14001:2015認証取得

特定建設業許可番号 大阪府知事許可(特-27) 第144257号一級建築事務所

和上ホールディングスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。