脱炭素社会を目指すために知っておきたい脱炭素とゼロカーボンの違いとは?

脱炭素社会を目指すために知っておきたい脱炭素とゼロカーボンの違いとは?

地球温暖化と温室効果ガスの増加が世界的な課題となる中、脱炭素やカーボンニュートラルの意味とその影響は、私たち一人ひとりの生活に直結しています。

言葉の定義や、日常での選択、食生活、ファッション、住まいのエネルギー管理に関する情報は、より持続可能な未来を築く鍵となります。

この記事を通じて、具体的なステップと知識を共有し、未来の地球環境をより良くするための行動を促進しましょう。

目次

脱炭素社会、カーボンニュートラル、ゼロカーボンの違いとは?

「カーボン」は炭素を意味する英語の言葉。多くの環境関連の用語で見かけるこの「カーボン」ですが、「脱炭素」「カーボンニュートラル」「ゼロカーボン」の違いは、一体どこにあるのでしょうか。

一見、似たような言葉に感じるかもしれませんが、それぞれに独自の意味と背景があります。ここではその違いを解説します。

脱炭素社会とは?

脱炭素社会とは、地球温暖化の主要な原因とされる二酸化炭素の排出量をゼロにすることを目指す社会のことを指します。

1960年代から始まった環境汚染への懸念は、1972年の国際会議や、その後の京都議定書、そして2015年のパリ協定といった歴史を経て、現在、120以上の国が2050年までに脱炭素社会を実現することを目標にしています。

この目標は、化石燃料を燃やす際に排出される二酸化炭素を削減し、温室効果ガスとしてのその影響をなくすことにあります。

カーボンニュートラルとは?

カーボンニュートラルとは、我々が排出する二酸化炭素と、自然(主に植物)が吸収する二酸化炭素の量が等しくなる状態を指します。簡単に言えば、私たちが地球に「借りた」炭素を「返す」イメージです。

これにより、実質的に二酸化炭素の排出がゼロに。完全なゼロ排出は現代社会での生活において難しいため、排出量を削減し、それでも排出されてしまう二酸化炭素は森林保全や植林活動を通じて吸収するという取り組みがカーボンニュートラルの基本です。

ゼロカーボンとは?

ゼロカーボンとは、初めから二酸化炭素を排出しない、つまり炭素の排出を全く行わない状態を指す言葉です。カーボンニュートラルが、排出と吸収のバランスを取るアプローチであるのに対し、ゼロカーボンは最初から排出そのものを避ける考え方です。

例えば、太陽光や風力といった再生可能エネルギーを利用した電力供給は「ゼロカーボン」と言えるでしょう。化石燃料を使用しないため、燃焼過程での二酸化炭素排出がゼロとなります。

カーボンニュートラルとゼロカーボンの違い

ゼロカーボンとカーボンニュートラルは、二酸化炭素の排出と吸収をプラスマイナスゼロにするという点で、同じ意味合いを持っています。しかし、使用の文脈やアプローチによって違いが生じることがあります。

ゼロカーボンは、特に企業や地方公共団体が、温室効果ガスの排出をゼロに近づけるという目標を掲げる際に使用されます。そのための活動として「ゼロカーボンシティ」が提唱され、省エネ推進や再生可能エネルギーの利用、ごみの減量、自然環境の保全などが取り組みとして挙げられます。

一方のカーボンニュートラルは、人間や企業が排出した二酸化炭素量と、自然や取り組みを通じて吸収される二酸化炭素量が等しくなる状態を指します。つまり、排出量と吸収量がバランスすることが重視される概念です。

環境省によれば、これら2つの言葉は基本的に同じ概念を指すものとしていますが、具体的な取り組みや目標設定の際に文脈に合わせて使い分けられることが多いです。

カーボンニュートラルとカーボンオフセットの違い

カーボンニュートラルは先ほども説明した通り、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が均衡する状態を指します。

一方、カーボンオフセットは、特定の活動や製品によって排出された二酸化炭素を、別の場所や方法での二酸化炭素削減や吸収によって”相殺”することを指します。

具体的には、航空機での移動や大規模イベントでの二酸化炭素排出量を計算し、それと同等の量を森林植樹や再生可能エネルギーの普及などの方法で削減または吸収する取り組みがカーボンオフセットとして行われます。

このような取り組みを通じて、カーボンニュートラルな状態の実現を目指すことができます。

なぜ脱炭素社会やカーボンニュートラルが注目されるのか?

技術革新と産業の進化は豊かな生活をもたらしてきましたが、その影で地球は静かに警鐘を鳴らしています。

統計開始以降、世界の年平均気温は0.73℃/100年のペースで上昇しています。近年、その上昇がさらに加速していることは誰の目にも明らか。このままでは2100年までには気温が6℃も上昇するとの予測があり、その影響は甚大です。

海面上昇が進めば、フィジーやモルディブのような低い地域は水没の危機に直面します。大規模な氷床が融け、永久凍土が融解することで、降雨パターンの変化、気象災害の激化、感染症の拡大などが進行する可能性があります。

このような状況は、食糧供給にも影響を及ぼし、人類の生活基盤そのものが揺らぎ始めています。この危機を回避するために、我々は脱炭素を真剣に検討し、カーボンニュートラルを目指すべき時が来ているのです。

パリ協定の内容と経緯

2015年、世界は一つの歴史的な決断を下しました。それが「パリ協定」です。

この協定では、産業革命前の平均気温の上昇を1.5℃程度に抑えること、そして今世紀末に向けてカーボンニュートラルの実現を目指すことが約束されました。

注目すべきは、これまでの協定とは違い、発展途上国もこの取り組みに参加するという点。全197カ国が一致団結して、5年ごとに進捗を公表し、次の5年でさらにその目標を更新するという積極的な動きが求められるようになりました。

オバマ大統領の主導の下、この協定は予定よりも早くまとまり、地球温暖化防止のための新たな方向性が打ち出されました。

「脱炭素ドミノ」の概念

「脱炭素ドミノ」という言葉が示すように、脱炭素の取り組みや意識が一つの地域から次の地域へと波及していく様子は、まさにドミノのように連鎖的に広がっています。

国や大手企業だけの問題ではなく、それぞれの地域が一丸となって取り組むことが重要です。地域の再生可能エネルギーの導入や環境配慮型の経済活動は、地方創生にも繋がるのです。

それぞれの地域が「地域脱炭素ロードマップ」を策定し、これを実践することで、全国での脱炭素の取り組みが加速されています。

この動きが「脱炭素ドミノ」として、一つ一つの小さな取り組みが大きな変化を生む力となっています。

日本の脱炭素への積極的取り組み

日本は新たな脱炭素社会に向けての道を歩み始めました。国会や記者会見を通じて繰り返し示される「経済・社会の大変革」の施政方針。

では、具体的にどのようなアクションが進行中なのか、その主要なプロジェクトについて解説します。

日本のエコ産業の進化への道「グリーン成長戦略」

「2050年カーボンニュートラル」を掲げる中で展開される「グリーン成長戦略」は、特に温室効果ガスを削減する必要性がある、14の産業に焦点を当てた革新的な取り組みです。エネルギー、輸送・製造、そして家庭やオフィスといった幅広い分野を対象としています。

政府は以下のような戦略を駆使し、これらの産業にイノベーションを起こさせる推進力として動いています。

  • グリーンイノベーション基金の設立
  • 高効率な製品製造設備の税制優遇
  • 再生可能エネルギーや省エネ技術への投資促進
  • 新技術の導入を支える規制の緩和
  • 日本技術の国際的な提供を通じた地球環境への貢献

再生可能エネルギーのフロンティアへの挑戦「RE100」

RE100は「再生可能エネルギーを100%使用する」というシンプルだが革命的なコンセプトから生まれました。

製造からテクノロジー、ファッション産業に至るまでの多岐にわたる企業が、2050年までの再生可能エネルギーへの完全転換を宣言。日本の環境省は、これを国際的なステージでリードし、公的機関の先駆けとしてRE100のアンバサダーとして参加。その結果、環境省関連の施設での再生可能エネルギー導入が推進されています。

RE100に加盟する企業は、その実施状況を透明に報告し続けることで、経営の安定性や投資家からの信頼の獲得といったビジネスのメリットを享受しています。

環境を守りながら経済的な利益を追求する「カーボンプライシング」

脱炭素社会の未来を形成する鍵として、カーボンプライシングが世界中のスポットライトを浴びています。簡単に言うと、この取り組みは二酸化炭素排出に対する「価格タグ」の導入を目指しているのです。

政府が炭素税を課税することや、企業間で排出枠を取引することによって、環境への影響を経済的なメリットやインセンティブと連携させる考え方です。

この取り組みは、ただの国や企業の方針ではなく、一歩進んで「クレジット取引」という形で、具体的なビジネスの中で二酸化炭素削減の価値を売買する形としても採用されています。

世界が地球温暖化防止を真剣に考える中、企業が社会的責任を果たす行動を取ることは、ステークホルダーの信頼を築くだけでなく、企業のブランド価値や評価をも高める要因となります。

このカーボンプライシングの取り組みは、環境を守りながら経済的な利益を追求する新たな時代のスタンダードとして成長しつつあります。

あなたの選択が未来を変える「COOL CHOICE」

「COOL CHOICE」は、地球温暖化の予防を背景にした「賢い選択」を奨励するキャンペーンです。私たち一人一人の日常の選択が、脱炭素社会の形成に貢献できるというコンセプトを持っています。

企業の取り組みとは対照的に、COOL CHOICEは私たち消費者に焦点を当てています。例えば、エコカーや省エネ家電の購入、公共交通の利用、冷房の設定温度を微調整すること、宅配便の受け取りを一度でまとめることなど、日常のささいな選択が大きな変化をもたらします。

この取り組みは、持続可能な未来を目指す私たち全ての人にとって、日常生活の中で環境を意識し行動するきっかけを提供しています。一つ一つの小さな選択が、未来の大きな変化を生むことを忘れずに、持続可能な生活スタイルの実践を始めてみませんか?

脱炭素社会に向けて企業が行っている取り組み

世界中の企業が、脱炭素社会の実現を目指して積極的な取り組みを続けています。以下に、企業ごとに取り組んでいる具体的な内容を紹介します。

  • トヨタ自動車 トヨタは、電動車の売り上げ増加や生可能エネルギーの使用を進めるなどの取り組みを行っており、2050年までにCO2排出量を実質ゼロにすることを目指しています。
  • アップル アップルは、自社での生産活動や製品のライフサイクルにおいて、再生可能エネルギーの100%使用や製品リサイクルの強化など、脱炭素や環境保護に取り組んでいます。
  • ソニー ソニーは、自社の製品・サービスやプロセスに対する環境影響を低減するため、カーボンニュートラルに向けた取り組みを進めています。また、再生可能エネルギーの使用や省エネルギー技術の採用を積極的に進めています。
  • 三菱商事 三菱商事は、再生可能エネルギー事業に重点を置くとともに、電気自動車やエネルギー貯蔵システムの提供、省エネ事業の展開など、多角的な取り組みを進めています。
  • IBM IBMは、2030年までにエネルギー源を再生可能エネルギーに完全移行させることを目指し、風力・太陽光発電などの再生可能エネルギー源の導入、省エネ技術の開発など、環境問題に積極的に取り組んでいます。

脱炭素社会に向けて世界各国で行われている取り組み

脱炭素社会とは、簡単に言うと石炭や石油などの化石燃料を使わない社会を目指すこと。この取り組みは、地球温暖化を食い止めるための大きな一歩となります。太陽光とは、太陽からのエネルギーを直接電力に変える技術のこと。これは再生可能なエネルギーの一つとして注目されています。

では、主要な国々はこの問題にどのように取り組んでいるのでしょうか。以下に、いくつかの国の取り組みを紹介します。

  • アメリカ バイデン政権の下、再生可能エネルギーの普及促進やクリーンエネルギー技術の開発、カーボンニュートラルの達成に向けた法律の制定を進めています。
  • 中国 2050年までにカーボンニュートラルを目指し、再生可能エネルギーの導入、省エネ・低炭素技術の発展、炭素税の導入など、脱炭素政策を打ち出し。また、ネットゼロエミッションに向けて、対象業種のCO2排出量のピークを2030年までに達成することを目指しています。
  • イギリス 2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目指し、再生可能エネルギー導入の促進、自動車の電化など、多岐にわたる取り組みを進めています。そして、慈善団体や民間企業を含めた市民が「平和的な気候抗議」をすることを禁止する法律を導入。
  • オーストラリア 再生可能エネルギー導入の促進をはじめ、産業分野向けの省エネ促進政策や、水素の生産と導入の促進策など、幅広い脱炭素政策を打ち出しています。

個人でできる脱炭素社会に向けてできること

各国や企業が地球温暖化対策にどれだけ熱心に取り組んでいるかを感じ取っていただけたと思います。

では、私たち一人一人が家庭でできる環境への配慮とは何でしょうか。地球という共通の家を守るため、日常生活のちょっとした工夫で大きな変化をもたらすことができます。

日常のエネルギーを新しい視点で

私たちが日常で使用するエネルギーには、さまざまな選択肢があります。その中で、再生可能エネルギーへのシフトは、脱炭素社会に向けての大きな一歩となります。

再生可能エネルギーは、太陽光・風力・地熱など、自然が生み出すエネルギーです。これらのエネルギーは、地球上に無限に存在し、使用しても枯渇する心配がありません。そして最も重要なのは、二酸化炭素を排出せず、環境にやさしいエネルギー源であることです。

最近では、電力の自由化が進んでおり、多くの家庭が自らの選択で再生可能エネルギーを取り入れています。私たちも、電力会社の選択や太陽光発電の導入などを通じて、再生可能エネルギーを日常に取り入れることができます。

省エネライフのススメ

私たちが普段から意識的にエネルギーを節約することは、地球温暖化の抑制に直結します。

例えば、化石エネルギーの削減。ガソリンを使う車の使用を減らす、電気の使用を抑えるなど、日常生活での省エネを実践することで、二酸化炭素の排出量を減少させることができます。

具体的な方法として、照明をLEDに変更したり、不要な電気は消す、シャワーの時間を短縮する、公共の交通機関を利用するなど、私たちの日常にはエネルギーを節約するための様々な方法が存在します。

家電の使い方や設定への気配り

家の中でエネルギーを使う場面は数え切れないほどありますが、その中心となるのが家電製品。特に24時間稼働する冷蔵庫や冷暖房設備は、エネルギー消費の大きなポイントです。

しかし、ちょっとした使い方の工夫や設定の見直しで、劇的にエネルギー消費を削減することができます。

  • 冷蔵庫の使い方 冷蔵庫の電力消費は、日常の中で非常に大きい部分を占めています。夏や冬に適した温度設定をすること、ドアの開閉を短時間にすること、食品の詰め込みすぎを避けることなど、小さな工夫がエネルギー節約に繋がります。
  • 暖房便座の工夫 暖房便座も省エネ設定がありますので、設定を見直すだけでなく、使用しない時には蓋をしっかりと閉じて熱の逃げを防ぐよう心掛けましょう。
  • 室内温度の最適化 室内の温度設定も大きなポイントです。夏は28℃、冬は20℃がおすすめ。エアコンを極端に強くしたり、弱くしたりするのではなく、扇風機やサーキュレーターを併用することで、心地よさを保ちつつ消費電力を抑えることができます。
  • 照明の見直し 家の中でよく使用する照明も、省エネ型のものに変えるだけで大きな節約に。特にLED電球は白熱電球に比べて消費電力が少なく、寿命も長いため、初期投資を回収することができます。

バスや電車など公共交通機関を利用する

都市部では道路の渋滞が常態化しており、これが排ガス量の増加を招いています。ガソリン車やディーゼル車から排出されるガスの主成分は二酸化炭素。アイドリングストップの機能は確かに燃料消費を抑える効果がありますが、一番の解決策は渋滞そのものを減少させることです。

その策として、バスや電車などの公共交通機関の利用を考えることが、地球を守るための一歩となります。さらに、日常の足として電気自動車やハイブリッドカーへの移行、そしてカーシェアリングの利用は、個人の移動手段としても新しい選択肢を提供しています。

これらの選択は、環境への負担を大きく減少させるものとなるでしょう。

ゴミを減らす工夫や分別・リサイクルの徹底

環境への配慮から、ゴミの減量は欠かせないテーマです。各地で進められているゴミの分別は、燃やすゴミの削減やリサイクル資源の有効活用を目指しています。

ゴミを減少させることで、焼却時の二酸化炭素排出を削減し、地球温暖化の進行を遅らせることが期待されます。リサイクルやリユースにより、燃えるゴミを減少させる努力が必要です。

特に、再利用困難なゴミが埋め立て地に送られる際、メタンガスの放出問題が浮上しています。このメタンガスは、二酸化炭素よりも温室効果が強いため、その排出量削減は急募となっています。

日常生活の中でゴミを分別することの重要性、そしてその方法を正しく学ぶために、各自治体の情報を活用しましょう。

サステナブルな食生活への変換

「サステナブル」は持続可能性を意味する言葉として、現代社会で非常に重要なテーマとなっています。

環境省は「サステナブルで健康な食生活の提案」を発表しており、食品に関する温室効果ガスの排出を抑える努力が必要です。私たちが日常で消費する食品の製造、輸送、廃棄においても多くの炭素が排出されています。

地球温暖化が進行すると、気候の変動や自然災害の増加、食糧の供給問題といった大きな課題が待ち構えています。そこで、地域の産物を利用する「地産地消」の推進や、食品の過剰な購入・廃棄を避ける工夫は、私たち一人一人に求められるアクションとなります。

さらに、持続可能な食材の選択や食品ロスの削減を意識することで、環境に優しい食生活を築いていくことができるでしょう。

サステナブルファッションの導入で環境に貢献する

ファッション業界は、製造の過程や商品のライフサイクルの短さにより、気候変動への影響が指摘されることが多いです。しかしその反面、この産業はサステナブルな取り組みを進めるキープレイヤーとしての役割を果たすチャンスも持っています。

「サステナブルファッション」とは、環境や人々にやさしい方法でファッションアイテムを提供する試みのことを指します。企業が品質の高い、持続可能な製品を提供することで、私たちは一着の服を長く愛用することができます。消費者としての役割も無視できません。

例えば以下のようなものがあげられます。

  • 子ども服はサイズアウトしたら、リサイクルまたは他の家族や友人に手渡す。
  • 傷んだ服やアクセサリーは修理するか、アップサイクルして新しいデザインに生まれ変わらせる。
  • ケアの方法を学び、洗濯表示に従って正しくメンテナンスする。
  • 古着やヴィンテージアイテムを楽しむことで、新しい購入を抑える。

これらの簡単な習慣を取り入れることで、私たちは環境への影響を大きく減少させることができます。

家庭でのエネルギー管理「HEMS」の導入

エネルギー管理の新しい時代を迎え、家庭でのエネルギーの使い方にも変革が求められています。その答えの一つが「HEMS」、ホームエネルギーマネジメントシステムです。

このシステムを使用すると、家庭のエネルギー消費を簡単に確認し、最適化することができます。太陽光発電やエアコン、冷蔵庫などの家電を一元管理し、エネルギーの使い方を最適化することで、無駄なエネルギーの使用を減少させることができます。

さらに、このシステムの魅力は以下のようなものが挙げられます。

  • 余ったエネルギーは蓄電し、後で使用することができます
  • 災害時などの停電にも対応可能
  • 不要な電力は電力会社に売却し、収入源とすることも可能

家庭でのエネルギーの自給自足は、エネルギー使用の効率化だけでなく、地球環境への配慮や家計へのメリットももたらしてくれます。サステナブルな生活を実現するためのステップとして、HEMSの導入を検討してみるのはいかがでしょうか。

まとめ:脱炭素・ゼロカーボンへの取り組みは着実に一歩ずつ

この記事で、温室効果ガスの増加の影響や、脱炭素社会、カーボンニュートラルの定義と意義を探りました。

国や企業の活動も大切ですが、それと同時に私たち個人の選択が地球温暖化の防止に役立つことを理解することが大切です。

食の選択、サステナブルファッション、家のエネルギー管理など、私たちの日常に隠された環境対策を再認識することが、持続可能な未来への第一歩となります。

とくとくファーム0では、活用予定の土地や耕作放棄などを所有している企業様と、再生可能エネルギー設備の導入を検討している企業様の間に立ち、非FIT型太陽光発電の開発や物件の紹介、売買仲介のサポートを行っています。

脱炭素経営の方法について悩んでいる方や太陽光発電について関心を持ち始めた方は、この機会にぜひご相談ください。無料の個別セミナーでは、より詳細に脱炭素経営や非FIT型太陽光発電に関する内容をご説明しています。

脱炭素経営のお見積り・ご相談はこちら

脱炭素経営 専門サイト

脱炭素経営 専門サイトまずはお気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください。

脱炭素経営カテゴリの最新記事

運営会社

株式会社和上ホールディングス

〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地 1-13-22御堂筋フロンティア

TEL:050-3176-2122 / FAX:050-3512-2103

© 2024 とくとくマガジン

ISO9001:2015認証取得ISO14001:2015認証取得

特定建設業許可番号 大阪府知事許可(特-27) 第144257号一級建築事務所

和上ホールディングスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。