太陽光発電の市場規模ついて詳しく解説!将来性や成長性もご紹介

太陽光発電の市場規模ついて詳しく解説!将来性や成長性もご紹介

太陽光発電は、気候変動対策から投資のチャンス、家庭でのエネルギー供給に至るまで多角的な価値を持つ成長産業です。

この記事では、太陽光発電の市場規模の現状から投資の魅力、家庭での利用方法、さらには災害時の安全確保まで、幅広く詳しく解説します。エネルギーの未来を考え、賢い選択をしたい方はぜひご覧ください。

太陽光発電市場の状況

太陽光発電は、地球温暖化防止や再生可能エネルギーの導入などが求められる現代社会において、注目されるエネルギー源の1つです。その太陽光発電市場の現状はどうなのかを確認していきましょう。

太陽光発電全体の市場規模

まずは、太陽光発電全体の市場規模から見ていきましょう。2020年の調査によると、太陽光発電市場は世界規模で248.3GWに達しており、前年比13%の成長率を示しています。さらに2021年以降も、太陽光発電市場は拡大すると見られています。

しかし世界的には市場拡大がしているにもかかわらず、国内メーカーの中には、販売網などの技術力不足やコスト競争力の低下などの理由から、太陽光発電事業からの撤退を発表する企業が増えています。

2017年~2021年の間に東芝、パナソニック、シャープ、京セラなど、国内メーカーが市場から姿を消しています。一方、中国、韓国、ドイツ、米国などの海外メーカーが参入し、市場を牽引する状況が続いています。

自家消費型太陽光発電の市場規模

次に、自家消費型太陽光発電の市場規模について見ていきましょう。自家消費型太陽光発電とは、自宅や店舗などで発電した電力を自ら消費することで、電気代の削減やCO2排出量の削減につながる太陽光発電の一形態です。

2019年現在、日本では約47万世帯が自家消費型太陽光発電を導入し、その市場規模は793.3億円となっています。市場規模が増加し続ける自家消費型太陽光発電市場は、今後も拡大が見込まれます。

太陽光発電市場では、バッテリーやエコハウスなどの需要増加など、様々なニーズに対応することが求められています。特に、自家消費型太陽光発電システムは、多様化するニーズに対応しやすいため、今後も導入が増加すると予想されています。

PPAモデルの市場

PPAモデルとは、発電プラントの所有企業と、電力を必要とする企業や自治体などとが電力供給量と電力価格を契約で決め、必要となる電力を供給するビジネスモデルです。

PPAモデルのメリットは、コスト削減、安定的な電力供給、何よりも初期費用が0円で設置を行えることなどがあります。一方でデメリットは、長期契約を前提としているため、将来的な電力価格の変動に影響されることや、再可能エネルギーの普及による価格競争力低下などが挙げられます。しかし太陽光発電の市場拡大に貢献しているのは確かです。

世界的にも、PPAモデルは大きな注目を集めており、特に中国においては、2019年の市場規模が前年比で2倍以上となる、1,500億円を超える成長を示しています。

太陽光発電市場は今後も拡大が続くことが予想されており、再生可能エネルギーのアプローチが進展する現代社会において、一層の需要が高まりそうです。

太陽光発電の動向

国内の太陽光発電市場に関する動向を見ていきましょう。

投資型から自家消費型へのシフト

太陽光発電は、導入コストの高さや発電量の制約があるため、発電プランの大口契約や交渉による調達が昔から行われてきました。しかし、近年では自家消費型太陽光発電の需要が拡大し、屋根に太陽光パネルを設置し自家発電して自分で消費するスタイルにシフトしています。

つまり、FIT制度を活用した投資型から、自家消費型やFIP制度を活用した新しい売電モデルに変わりつつあるということですね。FIT制度の固定買取価格は毎年下がっており、さらに廃棄費用の積立制度なども導入されています。

このような変化に対応するため、多くの個人事業主や法人は、自家消費型太陽光発電を前提とした運用を積極的に行っています。特に卒FIT後の選択肢として、自家消費が注目されています。

国内メーカーの参入状況

国内でも多くのメーカーが参入している一方で、生産コストの高さや海外メーカーとの競合関係などの理由から、近年、太陽光発電事業からの撤退を発表する企業が増えています。ただし、事業の多様化や他の再生可能エネルギー分野に進出する企業などもあり、国内メーカーの動向は依然として注目されています。

例えば、オムロンなど一部のメーカーは、パワーコンディショナなどの周辺機器に特化しています。これにより、国内メーカーも独自の戦略で市場に参加しています。

住宅用太陽光発電と蓄電池のセット販売

住宅用太陽光発電システムに加えて、蓄電池をセット販売する取り組みもあります。

蓄電池を導入することで、昼間に余った電力を蓄え、夜間や天候の悪い日に使用することができます。近年は、自家消費型太陽光発電の需要が高まり、さらに蓄電池の低コスト化が進んでいることから、住宅用太陽光発電システムと蓄電池のセット販売を行う企業も増えているというわけです。

セット販売によって、省エネ性の高い住宅や個人所有車の充電場所、非常用電源装置、停電時のバックアップ電源など、多くの需要にも応えています。

投資と成長性から見る太陽光発電が注目される理由

太陽光発電はエコロジーとエコノミーの双方で注目を集めています。気候変動への対応としての環境面のメリットはもちろん、経済的な投資先としての魅力も高まっています。

ここでは、太陽光発電がなぜ投資の対象として注目されるのか、その成長性と将来的な展望についてご紹介します。

太陽光発電市場の成長性

太陽光発電市場は、気候変動への対策として世界中で注目されています。特に、再生可能エネルギーの導入が進む中で、太陽光発電はその中心的な役割を果たしています。

国際エネルギー機関(IEA)によると、再生可能エネルギーの中で最も急速に成長しているのが太陽光発電です。以下のような要因により、太陽光発電は今後も成長が期待されています。

  • 低炭素社会への移行が進む
  • 技術の進歩によりコストが下がっている
  • 企業や地域社会での導入例が増加

投資先としての太陽光発電

太陽光発電は、投資先としても非常に魅力的です。特に、自家消費型太陽光発電は、FIT制度の影響を受けずに安定した収益が見込めるため、多くの投資家が注目しています。

さらに、PPAモデルなど新しい売電モデルも登場しており、投資の選択肢が広がっています。以下のような点から、太陽光発電は投資先としても今後の成長が期待されています。

  • 長期的な収益性が高い
  • 環境への貢献と収益を両立
  • グリーンファイナンスや環境投資が増加

住宅用太陽光発電の将来性

住宅用太陽光発電は、家計の節約はもちろん、環境への配慮や災害時の備えとしても期待が高まっています。ここでは、その魅力と将来的な展望を見ていきましょう。

家計負担を軽減するメリット

住宅用太陽光発電は、経済的な側面で非常に魅力的な選択肢です。特に、2022年以降の電気料金は、国際情勢や為替の影響で上昇しています。このような状況下で、太陽光発電を活用することで、家計の負担を大幅に軽減することが可能です。

  • 再エネ賦課金を含む電気料金の削減
  • 余った電気の売電による収益
  • 蓄電池との併用でさらなる電気料金削減

これらの要素を考慮すると、家計の安定という観点からも、住宅用太陽光発電は今後も注目されるでしょう。

卒FIT後の運用環境

FIT制度の適用期間が終了した後、通称「卒FIT」状態になっても、住宅用太陽光発電は有用です。FIT制度の期間は10年間ですが、その後も以下のような選択肢があります。

  • 電力会社との余剰買取契約の継続
  • 電力会社の独自プランで自家消費を重視
  • 電力会社との契約なしで全量自家消費

さらに、太陽光パネルは20年以上の寿命があり、蓄電池との併用でさらに多角的な運用が可能です。

災害対策としての長期的メリット

日本は地震や台風、洪水などの自然災害が多い国です。大規模な災害が発生した場合、停電が長引く可能性もあります。このような状況で、太陽光発電は非常に有用な災害対策となります。

  • 日光があれば発電可能
  • 蓄電池と併用で夜間も電力供給

さらに、災害時には通信手段も重要です。太陽光発電と蓄電池を併用することで、スマートフォンの充電や緊急用の電子機器の動作も確保できます。

以上が、住宅用太陽光発電の将来性についての詳細です。このように多角的なメリットがあるため、住宅用太陽光発電は今後も多くの家庭で導入が進むと考えられます。

まとめ:太陽光発電の市場は拡大を続けていて将来性のある設備!

太陽光発電の市場は拡大の一途をたどっており、特に自家消費型やPPAモデルが注目されています。気候変動への対応としても、この市場は今後さらに成長が期待されます。

投資の観点からも、太陽光発電は安定したリターンが期待できるため、多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっています。家庭での利用においても、電気料金の削減や災害時の安全確保に貢献するなど、多くのメリットがあります。

蓄電池との併用で、さらに多角的な運用が可能です。FIT制度の期間が終了した後も、複数の運用方法があり、長期的な利用が可能です。

このように、太陽光発電は多面的な価値を持つ成長産業であり、その市場規模も拡大しています。今後もこのエネルギー源は、投資から家庭用、災害対策まで、多くの人々にとって重要な選択肢となるでしょう。

とくとくファームは、メガソーラーの新規設置へ向けた設計から設置工事、運用保守といったEPC(設計から設置まで一括サポート)事業、中古太陽光発電所の売買仲介サービスを提供しています。

お電話やWebフォームの他、無料の個別セミナーでもお気軽にご相談いただけます。個別セミナーでは、お悩みや不明点などもその場でご説明いたします。

太陽光発電所の購入・ご相談はこちら

太陽光投資 専門サイト

太陽光投資 専門サイトまずはお気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください。

産業用メガソーラーカテゴリの最新記事

運営会社

株式会社和上ホールディングス

〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地 1-13-22御堂筋フロンティア

TEL:050-3176-2122 / FAX:050-3512-2103

© 2024 とくとくマガジン

ISO9001:2015認証取得ISO14001:2015認証取得

特定建設業許可番号 大阪府知事許可(特-27) 第144257号一級建築事務所

和上ホールディングスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。