太陽光発電はやばい?!やってはいけないことや注意点を解説

太陽光発電はやばい?!やってはいけないことや注意点を解説

インターネットで太陽光発電について調べている方の中には、「太陽光発電 やばい」といった言葉を見てしまい不安に感じている方もいるかと思います。太陽光発電がやばいという言葉は、いくつかのリスクや失敗例を極端に省略および表現したものです。
そこで今回は太陽光発電の何がやばいのか、具体的な事例や注意点について分かりやすくご紹介します。

太陽光発電の何がやばい?損をした理由

太陽光発電をやばいとしている方たちの多くは、太陽光発電を始めてみたもののいくつかの事象によって損をしてしまったケースがほとんどです。まずは、太陽光発電の何がやばいのか、主な事例や原因を紹介します。

悪質な業者へ依頼し質の悪いサービスを受けた

太陽光発電を設置した方の中には、太陽光発電の施工や仲介業者の選定を見誤り、質の悪いサービスを受けたことで、やばい・失敗したと評価しているケースもあります。
残念ながら太陽光発電の販売店や施工業者の中には、悪質な業者も存在しています。そのため、業者選びを間違ってしまうと、低品質な施工サービスや高額な費用請求など詐欺に引っかかったり、担当者からの冷たい対応などの被害やトラブルを受けてしまう場合もあり、注意が必要です。

特に訪問販売で太陽光発電の契約を持ちかける業者の多くは、施工コストを可能な限り削減したりあとから追加費用を請求したりと悪質です。少なくとも訪問販売を行っている太陽光発電の施工業者や販売店などへの依頼は、リスクの高い行動といえます。
国民生活センターなどでは、太陽光発電施工業者とのトラブルに関する相談情報について公開しています。まずは実際の被害事例を確認および理解しておくのが重要です。

低品質な設備を購入してしまった

太陽光パネルやパワーコンディショナなど太陽光発電システムの中には、海外で生産された製品もあります。また、海外メーカーの中には、低品質な太陽光発電システムを製造しているケースもあるため、設置直後の故障や規格以下の発電効率などに注意が必要です。
国産の太陽光発電システムは、国内の工業規格JISという品質や生産に関する規格に沿って設計・製造・組み立てを行っています。そのため、一定の品質を期待できますし、設置直後の故障などといったリスクを抑えられます。
そして、悪質な太陽光発電の販売代理店や施工業者の中には海外製の安い太陽光発電システムを進める場合もあるため、取り扱いメーカーの確認も大切です。

屋根の設置で自宅の間取りを制限してしまった

出力10kW未満の家庭用太陽光発電を自宅の新築時に設置する際、自宅の間取りに問題を残してしまうケースがあります。太陽光発電の設置工事や費用に関する直接的なトラブルではないものの、注意すべきポイントの1つです。
たとえば、太陽光パネルの設置枚数を増やすために屋根や間取りの設計を変更したり、パネルの設置角度に合わせて屋根の形状を無理やり変更したりすると、間取りに大きな影響を与える可能性があります。
太陽光発電の発電効率も重要なポイントですが、住宅の住みやすさや生活導線などにも目を向けながら設置方法を検討するのが基本です。

太陽光発電の悪質業者を避けるポイント

「太陽光発電 やばい」というケースを理解できたあとは、悪質な業者を避けるポイントについて確認していきます。

会社概要をチェック

まずは、各サイトの会社概要をチェックしておくのが大切です。太陽光発電の施工業者や販売代理店、見積りサービスなどは、基本的に自社サイトを運営しています。
自社サイトの会社概要に虚偽の情報が掲載されている場合は、問い合わせや相談を避けます。
たとえば、会社概要の住所からGoogleマップや実際に赴いて、事務所の有無や雰囲気を確認しておきます。架空の住所や電話番号を掲載し、実態のあるように見せかけるケースが考えられるため、住所や電話番号、郵便番号といった基本情報の確認も重要です。

実績や評判をチェック

太陽光発電の施工品質や販売代理店のサービス対応に問題がないか確認する方法として、口コミや評判から実績を調べることもできます。
インターネットにはさまざまなジャンルの口コミサイトやサービスがあるため、業者名やサービス名で検索すると口コミや評判を確認できます。また、TwitterなどのSNSでも、サービスを利用した方たちのリアルな声を確認することが可能です。
他にも近所の方や知り合いに太陽光発電を設置した方がいる場合は、施工業者や販売代理店などの対応や施工品質を聞いてみるのもおすすめです。

しつこい勧誘を受けている場合は消費者ホットラインへ相談

訪問販売や電話による営業などでしつこい勧誘を受けている時は、消費者庁の消費者ホットラインへ相談してみるのが大切です。
消費者ホットラインは、消費者生活センターの電話窓口です。主に消費者と事業者間のトラブル、しつこい勧誘や悪質商法によるトラブルなどに関するサポートを行っています。
電話番号は「188」でつながり、郵便番号を入力するともよりの消費者生活センターへつながるので、トラブルについて担当者へ相談することが可能です。

一括見積りサービスを検討する

太陽光発電施工業者や販売代理店の実績や事業内容を1つ1つ確認するには、時間や知識が必要です。
太陽光発電の一括見積りサービスは、太陽光発電の予算や希望の容量などを入力すると、短時間で複数社から見積りを作成してもらえます。また、見積りだけでなく購入サポートまで受けられるサービスもあります。

弊社サービスとくとくファームの場合は、太陽光発電の知識や経験豊富なスタッフによる無料の個別セミナーを実施中です。個別セミナーでは、太陽光発電投資が初めての方にも合わせた内容で太陽光発電の購入・設置、その他基礎知識に関する相談も承っております。
お電話もしくはメールからお申込み手続きを進められますので、ご検討してみてください。

太陽光発電をつけない方がいいパターンとは?

住宅の状況や太陽光発電に対する考え方によっては、設置を一旦検討し直した方がいい場合もあります。
それでは、太陽光発電をつけない方がいいパターンについて紹介します。

自宅の屋根が複雑な形状

自宅の屋根に太陽光発電を設置する場合は、屋根の形状を確認しておきます。
屋根の面積が小さかったり複雑な形状をしていたりする時は、太陽光パネルの設置枚数を制限する必要があります。また、無理やり設置してしまうと雨漏りなどのトラブルにつながる可能性もあるため、状況に応じて設置を控えるのも大切です。
なお、屋根の形状から太陽光発電の設置をあきらめなければいけない場合は、野立て太陽光発電の検討もおすすめです。野立て太陽光発電は、地面に架台および太陽光パネルを設置します。

立地条件が悪い

太陽光発電の設置地域で開発が行われている場合やビルなど高さのある建物を建設中の時は、太陽光発電の設置を一旦控えるべきです。
たとえば、土地開発の進むエリアで自宅の屋根に太陽光発電を設置する際、オフィスビルやマンション、その他商業用店舗の建設によって、将来的に発電量低下という問題を抱える可能性があります。また、既にビルや鉄塔などが建築されている地域での設置は、太陽光パネルに影が発生しやすい環境です。
家庭用・産業用太陽光発電を設置する時は、設置予定地域の土地開発状況や建築物などの確認を行ったうえで判断するのがおすすめです。

投資目的で住宅用太陽光発電を選択する

投資目的での住宅用太陽光発電(出力10kW未満の)設置は、場合によりリスクのある考え方です。
住宅用太陽光発電は、出力の小さい設備でかつ固定買取価格の下落といった状況です。そのため、土地付き太陽光発電のように大きな利益を得ることの難しい設備といえます。
住宅用太陽光発電の設置を検討する際は、電気代削減や非常用電源などといった活用方法を軸に考えるのが大切です。

太陽光発電は役に立たない?

太陽光発電がやばいといわれる主な理由や設置を避けた方がいいケースを確認すると、太陽光発電のメリットや実用性について疑問を覚えるところです。
太陽光発電の仕組みやデメリットを理解した上で活用すると、さまざまなメリットを生かすことができます。
そこでここからは、太陽光発電が役に立つ理由や強みについて紹介していきます。

災害時に非常用電源として役立つ

太陽光発電は、停電時に非常用電源として活用し続けることができます。日本は、台風やゲリラ豪雨、地震、噴火など、さまざまな災害リスクのある環境です。
大規模災害の発生時は、復旧作業に時間のかかる状況のため、長期間の停電を想定しておく必要があります。特に在宅避難を選択した場合は、個人で電源を確保しておかなければいけません。
太陽光発電を用意しておくと、ガソリン式の非常用電源が燃料切れたとしても晴れの日に発電および電源供給できます。また、太陽光発電の出力によっては、複数の家電製品や電気機器を同時に使用することが可能です。

蓄電池との併用で夜間も活用できる

太陽光発電のデメリットでもある天候によって発電量が安定しない点は、蓄電池との併用で改善を見込めます。
たとえば、日中に太陽光発電で発電した電気を蓄電池で蓄えておき、消費電力の多い時間帯に使用することが可能です。このように蓄電池を設置しておくと、電気の使用タイミングを調整できます。
太陽光発電をより効率的に活用するには、蓄電池の導入もおすすめです。太陽光発電の施工業者や販売店の多くは、蓄電池とのセット購入に対応しています。

ZEH住宅と組み合わせられる

省エネや創エネに特化したZEH住宅は、太陽光発電と相性の良い特徴を持っています。
ZEH住宅とは、年間の一次エネルギーの収支0を目指す住宅のことで、断熱性能や換気、省エネや創エネ機器の導入など、さまざまな工夫や対策を施します。
太陽光発電は、電気代の削減効果や他の省エネ機器へ電力を供給する上で重要な役割を担っています。今後ZEH住宅への建て替えや新築を検討している方は、太陽光発電にも目を向けてみるのが大切です。

設置費用が下がり導入しやすく節電効果も見込める

太陽光発電の設置費用は、年々下落傾向です。そのため、2012年などFIT制度発足当初よりも設置しやすく初期費用を回収しやすい状況といえます。
さらに固定買取期間終了後は、自家消費型太陽光発電へ切り替えることで買取価格や売電契約などの影響を受けず稼働し続けることが可能です。自家消費型太陽光発電とは、発電した電気を全て自家消費(自宅や自身の所有する建物)する運用方式のことです。
太陽光発電は、今後5年・10年・20年と長期的に活用できる再生可能エネルギーといえます。

将来性もある太陽光発電、やばいという一方的な意見に注意

インターネットで検索されている「太陽光発電 やばい」という言葉は、準備や知識不足による太陽光発電投資のミス、悪質業者からの被害などといった意味を指しています。
太陽光発電自体には、メリットとデメリットがありますし、活用方法や立地条件によってメリットを伸ばすことも可能です。まずは極端な意見や偏見に惑わされず中立的な情報を収集するのが大切です。
弊社とくとくファームは、太陽光発電の知識や経験豊富なスタッフが対応いたします。また、個別セミナーにて太陽光発電に関する正しい情報をお伝えさせていただきます。

産業用メガソーラーカテゴリの最新記事