卒FIT後、どうするのがベスト?卒FIT後の選択肢や有効な方法を解説

卒FIT後、どうするのがベスト?卒FIT後の選択肢や有効な方法を解説

再生可能エネルギーの中でも、太陽光発電は環境に優しく、自宅のエネルギー供給に貢献できる方法として注目されています。しかし、FIT制度(固定価格買取制度)が終了する「卒FIT」時に、どのような選択肢を選ぶべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、卒FIT後の選択肢や有効な方法について詳しく解説します。再生可能エネルギーを利用して、自宅で電力を効果的に管理し、エネルギーコストを節約しましょう。また、エネルギーの未来に向けて新たな道を切り開くためのアイデアもご紹介します。

FITと卒FITとは

FITと卒FITは、再生可能エネルギーの普及を促進し、持続可能なエネルギー供給を支えるための制度です。これらの制度は、再生可能エネルギー発電所の所有者に、国が一定期間にわたり固定価格で電力を買い取ることを義務付けています。

FIT制度とは

FIT制度は、再生可能エネルギー資源を活用した電力の普及を推進するために、多くの国で導入されています。

この制度は、太陽光、地熱、水力など、再生可能エネルギーを利用した電力発電所の運営者に、一定期間(通常は数十年)にわたり固定価格で電力を買い取るように電力会社を義務づけます。その買取価格は、発電コストや設備費、太陽光パネルの効率などに基づいて算出されます。

FIT制度は再生可能エネルギーの普及を促進し、環境への負荷を軽減するのに役立っています。

FIT制度の運用には、再生可能エネルギー発電を支えるための資金が必要です。これを賄うために、再生可能エネルギー発電所の所有者や電力使用者から再エネ賦課金が課せられます。この賦課金は、国民の電気代に上乗せされて徴収され、再生可能エネルギーの発展に資金を供給します。

FIT制度の発展と課題

FIT制度の導入により、再生可能エネルギーの普及が急速に進展しました。太陽光発電などの設備費用が低下し、固定買取価格も引き下げられました。

FIT利用者の中には、高額の買取価格を受けて認定を受け、その後発電を開始しない「未稼働案件」を作成し、不当な利益を得ようとする事業者も登場しました。そのため、未稼働の発電施設には様々なペナルティが課せられました。

FIT制度の普及に伴い、再エネ賦課金は増加し、国民にとって負担となっています。このため、固定買取価格の見直しが行われ、価格が引き下げられることになりました。

卒FITとは

卒FITとは、FIT制度が満了した状態を指します。

FIT制度は2009年に導入され、太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及を促進しました。FIT期間が満了した約53万の世帯が卒FITを迎え、2020年と2021年にも多くのケースが発生しました。売電価格は48円/kWhから8円/kWh程度まで低下し、電気代は増加の一途をたどります。

電気自動車の普及や原油価格の高騰などが電気代の増加に寄与し、再エネ賦課金も増大しています。

卒FITに関する課題として、売電価格の低下や再エネ賦課金の増加が挙げられます。これらの要因により、電力自給自足や他のエネルギー形態への転換など、新たな選択肢が模索されています。

FIT制度から卒FITへの移行は、太陽光発電利用者にとって重要な段階であり、適切な戦略が求められます。

国が太陽光電池の普及を急務とした背景とは

日本政府が太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及を急務とした背後には、重要な環境・経済的な要因が存在しました。

環境への配慮

火力発電などの化石燃料を用いた発電は、大気中に大量の二酸化炭素(CO2)を放出し、地球温暖化を促進させます。この現象が気候変動や自然災害の増加をもたらし、環境に深刻な影響を及ぼすことが懸念されることになります。

日本は地理的にも自然災害が多く、気候変動の影響を受けやすい国であるため、環境への配慮が重要な課題となりました。

エネルギーの安定供給

日本は、エネルギー資源の大部分を輸入に頼っており、エネルギーの自給自足が難しい状況でした。これにより、他国にエネルギー資源供給が制限されると、エネルギー不足に陥るリスクが高まったのです。

また、化石燃料の供給は限られており、将来的には枯渇が懸念されています。そのため、国内で安定的に再生可能なクリーンエネルギーを生産し、エネルギーの安定供給を確保する必要がありました。

経済的メリット

再生可能エネルギーの国内生産と利用は、経済的メリットももたらします。

太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及により、新たな雇用の創出が期待されることになります。そして、地域活性化やエネルギー購入費用の削減など、経済にプラスの影響が期待されました。

しかし、再生可能エネルギーの普及には高額な設備費や維持費が課題として立ちはだかります。

この課題に対処するため、国はFIT制度を導入し、電力会社に再生可能エネルギーで発電された電力を一定期間、他の電力より高い固定価格で買い取ることを義務付けます。この制度により、太陽光発電などの再生エネルギーの普及が急速に進展しました。

国は環境への負担軽減、エネルギーの安定供給、経済的メリットを実現するために再生可能エネルギーの普及を進め、FIT制度の導入はその一環として成功を収めることになるのです。

卒FIT後に求められる選択肢とは

卒FIT後、太陽光発電システムの所有者は新たな選択を迫られます。ここでは、卒FIT後に求められる選択肢について詳しく説明します。

電力会社との契約を継続して余剰電力を買い取ってもらう

卒FIT後も以前と同じ電力会社に売電し続けることができます。この方法は手続きが簡単で、変更作業はほとんど必要ありません。

新しい電力会社を見つける必要はありませんが、余剰電力の買取価格は大幅に下がってしまいます。これは、太陽光発電の設備費用が下がるためです。売電収入だけで設備費用を回収するのは難しくなるかもしれません。

また、契約は一年ごとに更新されるため、将来の買取価格の低下に注意が必要です。

新たな電力会社(新電力)を探す

新電力は、従来の地域指定電力会社とは異なる選択肢です。これらの新しい電力会社は余剰電力の買取サービスを提供しており、買取価格を高める可能性があります。

しかし、新電力ごとに異なる条件やポリシーがあるため、選ぶのは難しいかもしれません。また、契約は一年ごとに更新され、買取価格は変動するため、将来を見越した検討が必要です。

蓄電池を導入して、発電した電気を自家消費する

蓄電池の導入は、余剰電力を売却せずに自家消費する方法です。太陽光発電で発電した電力を蓄え、夜間や曇りの日にも使用できるようになります。

蓄電池を使うことで、売電収入は減少しますが、電力代を大幅に削減できる可能性があります。また、蓄電池は非常用電源としても機能し、停電時に備えることが可能です。ただし、蓄電池の寿命は太陽光発電よりも短いため、設備費用の回収には時間がかかることがあります。

これらの選択肢の中から、あなたの状況や優先順位に合ったものを選び、卒FIT後の電力供給戦略を計画しましょう。

FIT契約の終了に伴う税務と法的規制

太陽光発電におけるFIT契約の終了は、税務と法的規制の面でいくつかの重要なポイントが存在します。ここでは、FIT契約終了後に留意すべき税務上のポイントと法的規制について説明します。

FIT契約終了後の税務の注意点

FIT契約終了後、収益に関する税務規制が変化することがあります。以下にいくつかのポイントを挙げてみます。

売電収入と所得税

FIT契約期間中に得た売電収入は、所得税の対象となります。FIT収益は一般的に課税されますが、太陽光発電に関連する経費や減価償却など、節税の機会も存在します。税務申告書の提出と、専門家の協力を得ることが重要です。

売電収入と住民税

売電収入は住民税の課税対象となり、住んでいる自治体に対して納める必要があります。自治体ごとに税率や控除額が異なるため、正確な情報を収集し、住民税の申告と納付を行うことが求められます。

FIT契約期間の終了

FIT契約期間が終了した場合、売電収入の一部は課税対象外になることがあります。具体的な税務規制は国や地域により異なるため、契約終了前に詳細を確認しましょう。

法的規制とFIT契約の影響

FIT契約の終了には法的規制も関連しています。以下に法的規制のポイントを紹介します。

レベル化措置

FIT契約終了後、太陽光発電所の運用に関する法的規制が変更されることがあります。これには「レベル化措置」と呼ばれる規定が含まれ、契約終了後の売電価格に影響を与えることがあります。この措置は、契約終了後の新しい売電価格を決定するための法的枠組みを提供します。

設備の取り外しと環境配慮

FIT契約終了後、太陽光パネルや設備の取り外しに関する法的規制が適用されることがあります。特に環境に配慮した方法で設備を処理することが求められます。この点についても地域や国により法的要件が異なるため、関連法律を確認することが必要です。

FIT契約の終了は税務と法的規制の変更を伴うことがあり、事前の準備と専門家のアドバイスを受けることが、スムーズな移行の鍵となります。契約終了に備え、関連する法的および税務上の規制を理解し、対応することが重要です。

卒FIT後の売電価格の変化とその理由

FIT契約が終了すると、太陽光発電の売電価格に変化が生じます。これにはいくつかの要因が影響しており、その理由を以下で説明します。

売電価格の変動要因

太陽光発電の売電価格は、FIT契約期間が終了した後も以下の要因によって変動します。

太陽光発電の売電価格は、市場の需要と供給に影響されます。エネルギー需要が高い場合、売電価格は上昇傾向にあり、需要が低い場合は下落します。

また、太陽光発電技術の進歩により、効率的なパネルや設備が開発され、発電量が向上します。これは売電価格に影響を及ぼす要因です。

さらに、国や地域の政策や規制の変更も売電価格に大きな影響を与えることがあります。再生可能エネルギーへの支援政策が変更されると、売電価格にも変動が生じます。また、火力発電や原子力発電などの発電方法に使われる燃料価格の変動も売電価格に影響を及ぼします。

FIT終了後の価格に影響を与える要因

FIT契約終了後、売電価格は市場価格に連動することが一般的です。市場価格は需要と供給に応じて変動し、季節や時間帯によって異なります。

FIT契約終了後、電力会社との新たな買取価格の交渉が必要となる場合があります。この際、発電施設の効率や設備の改善、エネルギー市場の動向などを踏まえて価格を決定することが重要です。また、自家消費によって電気代の節約や収益の向上が期待できますが、売電によって収益を最大化したい場合、売電価格を検討する必要があります。

最後に、FIT契約終了後の太陽光発電において、エネルギー管理が重要です。電力の効率的な利用や需要の予測によって、売電価格の最適化が可能です。適切な戦略を選び、太陽光発電の持続可能な収益を確保しましょう。

卒FIT後の余剰電力を有効活用する方法

FIT契約が終了した後、太陽光発電で発生した余剰電力を有効に活用する方法はいくつかあります。これらの方法について説明します。

電力自給自足への移行

FIT契約終了後、余剰電力を有効に利用する方法の一つは、電力の自給自足への移行です。太陽光発電システムを設置している家庭や施設では、発電した電力を自家消費することで電気代を削減できます。

余剰電力は蓄電池に貯めることで、夜間や曇りの日でも太陽光発電で得た電力を利用できます。これにより、電力供給への依存が低減し、環境にも優しい選択肢となります。

自家消費は家計を管理するのに似ています。自分の収入を最大限に活用し、無駄な出費を減らすことで貯金が増えます。同様に、太陽光発電で得た電力をできるだけ自家消費することで、電気代の節約やエネルギー効率の向上が可能です。

電力を水素など他のエネルギー形態に変換

余剰電力を有効に活用する方法の一つとして、電力を他のエネルギー形態に変換することが考えられます。例えば、余剰電力を使用して水素を生成し、それを燃料として利用できます。水素はクリーンエネルギーの一つであり、再生可能なエネルギーを蓄積する手段として注目されています。

この方法は、太陽光発電によって得られた電力をさらに有効に活用し、エネルギーの形態を変えることで長期的な持続可能性を高める一例です。これは余剰電力を再生可能なエネルギー形態に変換するための新たな可能性を示唆しています。

ローカルコミュニティへの提供

余剰電力をローカルコミュニティに提供する方法も一つの選択肢です。太陽光発電システムが発電した余剰電力を近隣の住民や施設に供給することで、コミュニティ全体のエネルギー利用効率を向上させることができます。この方法は、電力を共有することで地域社会をサポートし、環境への貢献を実現します。

コミュニティに電力を提供することは、隣人に手を差し伸べる行為に似ています。共同の利益を追求し、協力してエネルギーを有効に活用することで、共同体全体のエネルギー独立性と持続可能性を高めることができます。

卒FIT後の余剰電力の有効活用は、持続可能なエネルギー未来の実現に向けた重要なステップとなります。各個人やコミュニティが最適な方法を選択し、再生可能なエネルギーの利活用を推進することが、環境への配慮と経済的な利益の両立を実現する鍵となります。

まとめ:卒FIT後、太陽光発電の余剰電力を最大限に活用しよう

卒FIT後、太陽光発電の余剰電力を有効に活用する方法は様々です。自家消費や新たなエネルギー形態への変換、コミュニティへの提供など、選択肢は多岐にわたります。

FIT契約の終了に伴って新たな展望が広がりつつあり、環境への配慮とエネルギー効率の向上が実現できるチャンスです。卒FIT後どうするか、その選択次第で、持続可能な未来への一歩を踏み出すことができるでしょう。

自分やコミュニティ、地球環境への貢献を考え、最適な方法を選んで卒FIT後の余剰電力を有効に活用しましょう。

弊社和上ホールディングスでは、全量自家消費型太陽光発電の設計から部材調達、施工・保守運用まで一括サポートしています。累計15,000棟の実績によって培われた技術とノウハウがあるので、設置予定場所や予算に合ったプランをご提案いたします。

少しでも気になった方は、この機会にお電話やWebフォームよりお気軽にご相談ください。

自家消費型太陽光発電のお見積り・ご相談はこちら

自家消費型太陽光発電 専門サイト

自家消費型太陽光発電 専門サイトまずはお気軽にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください。

自家消費カテゴリの最新記事

運営会社

株式会社和上ホールディングス

〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地 1-13-22御堂筋フロンティア

TEL:050-3176-2122 / FAX:050-3512-2103

© 2024 とくとくマガジン

ISO9001:2015認証取得ISO14001:2015認証取得

特定建設業許可番号 大阪府知事許可(特-27) 第144257号一級建築事務所

和上ホールディングスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。