太陽光発電の権利売買とは?購入や売却に関する注意点も解説

太陽光発電の権利売買とは?購入や売却に関する注意点も解説

太陽光発電を所有している時やこれから設置を予定している時は、権利売買で利益を得たり売電可能な設備を所有したりできます。いわゆる太陽光発電の権利売買は、資産運用の1つで、太陽光発電事業を展開していく上で押さえておきたいポイントです。

そこで今回は、太陽光発電の権利売買について基本から詳しくご紹介します。事業用太陽光発電を検討・所有している方は、参考にしてみてください。

太陽光発電の権利売買とは?

太陽光発電の権利売買とは?

太陽光発電の権利売買は、太陽光発電で売電収入を得たい方や現在所有している太陽光発電を手放したい方にとって関連性の高い事柄です。

まずは、太陽光発電に関する権利売買について1つずつ確認していきます。

売電権利の売買を指す

太陽光発電の権利売買とは、基本的に売電の権利購入・売却に関する手続きのことです。

FIT制度の固定買取価格で売電を行うためには、FITの承認を受けなければいけません。FIT承認済み太陽光発電の権利を購入した場合は、太陽光発電事業者の権利を取得できます。また、売電の権利(ID)を譲り受けるため、固定買取価格で売電し続けることが可能です。

新規の産業用太陽光発電を稼働させる場合は、20年間売電できます。一方、中古産業太陽光発電は、前オーナーが稼働させていた期間を差し引いた期間のみ固定買取価格で売電可能です。

固定買取価格は、FIT承認年によって高い可能性もあります。

そして、産業用太陽光発電の権利売却では、第三者へ発電事業者やFIT制度の権利などを売却し、売却益を獲得できるのが主な特徴です。いわゆる中古太陽光発電所の売却と同じ意味です。

売電権利付きの土地を売買する場合もある

太陽光発電業界では、発電設備ではなく売電権利(ID)付きの土地に関する売買も行われています。

出力10kW以上の産業用太陽光発電は、基本的に遊休地など一定の面積を持つ土地に設置し、発電や売電、自家消費などを行います。そのため、売電権利(ID)付きの土地についても需要があります。

売電権利付きの土地に太陽光発電設備は、設置されていません。権利購入後は、太陽光発電設備の設置依頼や電力会社との接続契約など、さまざまな手続きを進めていきます。

固定買取価格は、FITの承認を受けた年によって変わります。たとえば、2012年や2013年に承認を受けた土地であれば、1kWhにつき30円台で売電を行うことが可能です。ただし、長期間設備設置や稼働が行われていない土地は、接続契約を済ませた年の固定買取価格で売電を行う可能性があります。

高い固定買取価格で売電を始めたい場合は、売電権利付きの中古太陽光発電所を購入するのがおすすめです。

売電権利付き太陽光発電を売却する方法

売電権利付き太陽光発電を売却する方法

太陽光発電の権利売買について理解したあとは、売却の流れについても把握しておくのが大切です。

続いては、売電権利付きの太陽光発電設備や土地売却について確認していきます。

必要書類を準備

売電権利付きの太陽光発電や土地を売却するには、IDをはじめとした各種資料を用意しておく必要があります。

以下に必要な書類を紹介します。

  • 設置者ID
  • パスワード
  • 太陽光発電の売電権利を持つ土地の使用もしくは所有に関する証明書類
  • 電力会社の契約書類

売電権利の変更手続きに必要な設置IDやパスワードは、再生可能エネルギー申請という申請・変更手続き専用サイトで活用しますし、譲渡の際に必要です。

仲介会社へ相談し売却を進める

売電権利や設備の接続など各種手続きは、複雑かつ手間のかかる内容です。一般的には、太陽光発電の仲介会社へ相談するのがおすすめです。

弊社とくとくファームでは、太陽光発電所の物件情報作成やWeb掲載、売却額の算出や売電権利を含む各種手続きを含め一括対応します。

さらに現金化までは、最短3日で完了できるのも強みです。

売電権利が付いてない太陽光発電を売却する場合

売電権利が付いてない太陽光発電を売却する場合

売電権利の付いていない土地を売却する場合は、以下の流れで手続きを進めていきます。

  • 仮契約手続き
  • 電力会社で変更手続き
  • 経済産業省で権利変更の申請手続き
  • 売却額の調整
  • 本契約手続き
  • 引き渡し

売電権利の取得を済ませてから売却する場合は、権利取得に時間がかかる場合もあります。

自家消費型太陽光発電など売電権利の付いてない設備も、前段で紹介したように仲介会社へ相談するのがおすすめです。

太陽光発電の権利売買詐欺に注意!

太陽光発電の権利売買詐欺に注意!

太陽光発電に関する専門業者の中には、詐欺を行う悪質業者も存在します。そのため、権利売買や太陽光発電所の売却や購入の際は、さまざまな点に注意しながら業者を比較検討するのが大切です。

ここでは、悪質な業者を避けるポイントについて解説していきます。

分からないところは細部まで聞く

権利売買や太陽光発電の連系、逆潮流など太陽光発電は、専門用語を多数見かけます。少しでも分からないポイントがあれば、その場で質問するのが大切です。

悪質な太陽光発電業者は、「とにかく儲かります」、「格安でなおかつ利回りが高いですよ」といったような事実と異なる内容を説明しながら契約へ進めようとします。

少しでもあいまいな説明や専門用語が出てきた場合は、すぐに確認をとるのが基本です。また、説明を受けられない時は、別の業者から比較検討するのも大切です。

売電収益のシミュレーションを行う

悪質な太陽光発電業者は、売電収支や利回りのシミュレーション結果を改ざんし、都合の悪い部分を隠す可能性があります。そのため、太陽光発電物件を見つけた時は、自身でも収支のシミュレーションや実質利回りの計算を行うのがおすすめです。

発電量のシミュレーションは、出力や日射量などから計算します。

  • 1kWhあたりの年平均日射量(1日あたり)×損失係数×出力(kW)×365日=予想発電量kWh(1年間)

損失係数は、一般的に0.85で計算されることが多いようです。日射量については、NEDOの日射量データベースから確認できます。さらにNEDOのデータベースでは、発電量も算出されています。稼働地域の近くで予想発電量が算出されていれば、目安を確認することが可能です。

収支のシミュレーションは、年間予想発電量×売電単価=年間の売電収入という式で求められます。支出については、土地や設備などの初期費用(ローン含む)、償却資産、メンテナンス費用、などを含めます。初期費用は、購入予定の土地や設備価格と申込予定のローンに設定されている利子を合算しておきます。償却資産税は、設備価格から計算することが可能です。

メンテナンスや損害保険料については、見積もりを依頼した業者から確認をとってみる必要があります。

売却や購入先は複数用意しておく

太陽光発電所や売電権利付きの土地を売却したり購入したりするときは、複数の太陽光発電業者から見積作成や説明を受けるのが大切です。

複数社から見積もりを取ったり説明を受けたりすることは、高額な購入費用や格安の売却額、適当な契約内容などといったおかしい部分を見つけやすい状況です。また、発電シミュレーションについて異常な数値を算出している業者は、候補から外すことも可能です。

さらにより良い太陽光発電業者を見つけられるので、メリットの多い検討方法です。

怪しいセールストークに注意

「あなただけにお教えします」、「今だけ特別価格」など、怪しいセールストークにも注意が必要です。

判断力を鈍らせるような説明や表現を多用している業者へ相談した場合は、早い段階で別の業者へ切り替えておきます。また、担当者の説明に少しでも疑問を感じた時は、即契約せず他の業者と比較しながら、慎重に決めるのが基本です。

弊社とくとくファームは、創業28年、15,000件の実績を持っています。また、経験豊富な担当者が、太陽光発電所や用地の売買、売却益や費用などを算出し、丁寧に説明しながら手続きを進めていきます。

太陽光発電専門の売買サポートサービスをお探しの方は、とくとくファームで相談してみてください。

事業の実態を確認しておく

悪質な太陽光発電業者かどうか調べる時は、事業の実態を確認してみるのおすすめです。

  • 企業概要や事業計画認定情報で事業実態を把握
  • 過去に実績があるか
  • 口コミなどで過去にトラブルが発生していないか確認

実績のない業者や実態の把握できない業者には依頼しないよう、気を付けながら相談や業者探しを進めていくのが大切です。

売電権利付きの中古太陽光発電を購入するメリット

売電権利付きの中古太陽光発電を購入するメリット

売電権利付きの中古太陽光発電を購入した場合は、複数のメリットを得られます。

まず、高い固定買取価格で売電を行える可能性があります。2012年や2013年、2014年など固定買取価格30円台にFIT承認を受けた中古太陽光発電所は、2021年でも同様の価格で売電を行うことが可能です。ただし、固定買取期間は前所有者の稼働期間から差し引かれるため、19年以下という点に注意しておく必要もあります。

もう1つのメリットは、発電や売電実績を確認した上で購入および稼働できる点です。中古太陽光発電所を購入する前には、過去の発電や売電、収支、設備状況などを細かく確認できます。

一方新規設置の場合は、シミュレーションでしか収支を想定できません。過去の実績を確認した上で設備を運用したい方は、売電権利付きの中古太陽光発電所を検討してみてはいかがでしょうか。

売電権利付き太陽光発電には複数のメリットがある

売電権利付き太陽光発電には複数のメリットがある

売電権利付きの太陽光発電とは、FIT制度の承認を受けた太陽光発電所のことです。中古太陽光発電所も売電権利付きの設備で、2012年や2014年などの高い固定買取価格で売電できる場合もあります。

売電権利付きの太陽光発電は、売却することも可能です。売却時は、売電権利の変更管理に必要なIDやパスワードなどを買主に譲渡します。売却時には売却益を得られるため、次の投資や資産運用へ活用しやすいといったメリットもあります。

中古太陽光発電所に関心を持っている方や太陽光発電所の売却や撤去を検討している方は、今回の記事を参考に権利売買について検討してみてはいかがでしょうか。

弊社とくとくファームでは、専任の担当者が中古太陽光発電所の売買に関するサポートを行います。売却の際は簡単査定サービスなどで査定金額を算出可能ですし、最短3日で現金化できます。購入を希望している場合は、弊社サービスから全国各地の物件を調べられます。

まずは、とくとくファームの問い合わせフォームもしくは専用ダイヤルからご相談ください

産業用メガソーラーカテゴリの最新記事